Monthly Archives: 9月 2014

//9月
28 09, 2014

鉄の窓

2014-09-28T19:46:10+00:009月 28th, 2014|ここち日記|

鉄のフレームだからですね。

熱を伝えるし、
気密性能は劣るし、
錆びやすいんです。

だけど、
すごく細身で
カッコイイ。

この物件がつくられたころ、
鉄筋コンクリートの建物の窓としては
標準的な仕様だったんですよね。

今の技術でこんな雰囲気のある窓つくればいいのに。
できると思うんだけどなぁ、
性能も維持しながら。。。

スーパースリムな洒落た窓。

28 09, 2014

門司の海へ

2014-09-28T19:21:41+00:009月 28th, 2014|ここち日記|

打ち合わせの帰り道、門司の海へ。

立ち入りが禁止されたからか、
海岸には打ち上げられた漂着物がいっぱい。
人が入れたらもう少し小奇麗になるんじゃないか・・・
などと思っていたら

あちこちにシラサギたちの姿を発見。

生態系が回復してエサが豊富になったんでしょうね。
門司の海も豊かな干潟に戻れそう。

ひさしぶりに曽根干潟を眺めたくなった。

27 09, 2014

なにやら面白そうなものが・・・

2014-11-21T17:54:19+00:009月 27th, 2014|ここち日記, reno_cat|

キャットタワーに見えなくもない。

リノベーションの現場もラストスパートな状況です。

美しく仕上げたい!
そんな理由で工程が行ったり来たりする場面もありつつ
みんなでがんばっとります。

このチーム感が大好きなのです。(^^)/

19 09, 2014

ドイツのマイスターさんに教わったこと

2014-09-21T03:19:44+00:009月 19th, 2014|ここち日記|

「塗料とは何か?」を教えていただきました。

そもそも塗料とは、
顔料、接着剤、溶剤、なのです。

その昔、ドイツではビールを原料に塗料を調合していたそうです。

ビール + 岩を粉砕した粉 = 塗料

ビールの糖分が接着剤の役目をして、
色のついた粉を定着させます。
日本のビールを使って実演してくれました。一番搾り。笑

さらに人が洞穴に住んでた時代までさかのぼれば、
血液や卵が接着剤でした。

顔料 + 血液

顔料 + たまご

これに加えて、塗りやすいように水で伸ばしていました。
これが「溶剤」ですね。

「顔料」の岩は、ずっと紫外線にさらされてきたものですから、
塗料になって太陽光にさらされても色落ちすることはありません。

化学的に合成された顔料は、
紫外線に弱く色がさめやすいのですが、
天然の顔料なら心配いりません。

このメーカーさんが、
天然の顔料にこだわる理由が
心にしみました。

塗料の工場内なのに、毎年ツバメが子育てしに帰ってくる。
塗料を製造する人も安全なくらいだから、使う人も安心。
廃棄しても土に帰るだけだし、
いいことづくし。