おうちDIY

/おうちDIY
18 10, 2016

壁仕上げの一例

2018-03-02T15:39:35+00:0010月 18th, 2016|ここち日記, おうちDIY|

構造用合板の断面って、バウムクーヘンみたい。
発掘現場の地層のようでもある。

このミルフィーユな感じを
部屋に取り込んでみることにしました。

dsc03814

dsc03814-2

ちょっと厚めの28ミリ構造用合板。

dsc03815

構造用合板の断面を剥ぎ取るように、丸ノコでカット。
厚みはザックリ3ミリから5ミリに。
厚みがいい加減だと、仕上がりも多少デコボコになるんだけど
そのくらいがちょうどいいんです。

dsc03795

建具横の薄い 壁を仕上げます。

仕上げ材の厚みは10ミリまでなので、十分です。

 

dsc03796

dsc03799

スライスした合板は75枚を木工ボンドで接着します。

最後にペーパー掛け。
手でふれた時に、木の繊維が刺さるといけないので、
手づくり感を損なわない程度に。

dsc03800

 

dsc03802

 

3 10, 2015

コーヒーテーブル2号できました。

2018-03-02T15:39:38+00:0010月 3rd, 2015|おうちDIY|

コーヒーテーブル1号のリベンジというか、再チャレンジの記録です。

お気に入りの椅子でコーヒーを楽しむためのテーブル。
自作したんですが、椅子の雰囲気と違いすぎて
つくり直したくなった。というのがいきさつです。(^^;

 

DSC09666

写真は、脚と天板サイズの合板。

この「脚」は、ホームセンターで入手。
それ以外は床材の切れ端などを利用します。

テーブルのサイズを決めるため、
かんたんに組んでみました。

DSC09667

チェアの横に置くとこんな感じ。

11266513_1498938887094991_1978401041_n

動物みたい。(^^)

天板の材料は切れ端で短めなので、
寄木仕上げのデザインに決めました。
ヘリンボーンな感じで。

寄木の作業って大変そうだけど、がんばります。
チェアが丁寧な仕事してありますからね。(^^)/
いよいよ作業開始。

まずは材料を半分にカットする作業。
フロア材の幅では広すぎてデザインに合わないので。

DSC09673

次に、角度をつけた線にあわせてカット。

想像どおりの大変な作業。
この地道な作業が良い結果につながるんだと、
自分に言い聞かせて、コツコツの繰り返し。

DSC09675

角度を合わせて、

カットして、

突き合わせてみて、

調整して、

こつこつ、

もくもく、

DSC09676

丸ノコだけでやるには、
大変な作業でしたが、
どうにか組み上げました。
周囲をカット!

DSC09688

あースッキリ!
迷いながらでしたけど、
ようやく先が見えてきました。

最後の仕上げに入る前に、
もう一度使い勝手を確認したくなりました。

DSC09685

コーヒー、読書、パソコン
やりそうなこと、ひと通りやってみます。

うん、大丈夫。(^^)

さて、最後の仕上げにかかりましょう。

テーブルエッジの製作です。

寄木の木口を隠しつつ、
少しやわらかい印象をつくるデザインです。
寄木だけだと、緊張感が伝わりすぎるので。(^^)

エッジも同じオーク材です。

DSC09720

寄木の木口は、チラ見せしたいので、
エッジは天板面より数ミリ下げます。

角を丸く面取りして、木工の作業は終了。

あとは塗装ですね。
蜜蝋ワックスのみか、
オイルステイン+蜜蝋ワックスか、迷いましたが、
蜜蝋ワックスのみで仕上げました。

DSC09723
さっそく、チェアのそばに。

DSC09725

 

DSC09728

コーヒーテーブル2号、完成です。

 

 

22 09, 2015

コーヒーテーブル、つくってみました。

2015-10-03T13:07:05+00:009月 22nd, 2015|ここち日記, おうちDIY|

はじめて自作したコーヒーテーブル。
完成した時はそれなりの満足感があったんですけどね。

お気に入りのチェアと並べると
どうも粗すぎます。
主役の椅子より目立ちすぎ。

この空間はもうちょっと上質な感じにしたいんです。

やっぱり再チャレンジするしかないですね!
コーヒーテーブル2号つくります!

8 05, 2015

GWに木製物干し台リメイク

2018-03-02T15:39:40+00:005月 8th, 2015|ここち日記, おうちDIY, 庭仕事|

大型連休ですね、いかがお過ごしでしょうか?

私もどうにか休みが取れたので、
自作の物干し台をリメイクしました。
リメイクなのに、ごめんなさい。
ビフォーの写真がない。(^^;

リメイクの目的は2つ、
1つめは、竿掛けの高さを10数センチ上げること。
2つめは、庭のごちゃごちゃ用の収納問題を解決。

一番苦労したのは、
キッチンの窓があるので、かぶらないようにしつつ
目的の高さまで上げるさじ加減でした。

収納庫はベンチ代わりに使えるよう、ガッシリしと。
さっそくBBQで活躍した物干し台でした。

自作だと自己責任でギリギリを攻められて面白いです!(*^^*)

DSC07500

DSC07503

とりあえず近くにあったものを収納庫に。
大きなヒサシのおかげで、普段の雨ならまず濡れない場所ではありますが、
収納庫は水が入っても自然に抜ける構造になってます。

12 06, 2014

ソーホースのつくり方

2018-03-02T15:39:45+00:006月 12th, 2014|おうちDIY|

建築の世界には、生き物の名前が付いたモノがいろいろありまして。
ネコ、トラ、アリ、
犬、キジ、サル・・・鬼退治に行けそう。(^^;

いまからつくるのは「ウマ」
ウマはですね、作業台です。
英語ではSAW HORSE(ソーホース)。
ソー は「ノコギリ」
ホース は「ウマ」
やっぱりウマなんですね。

ウマ2頭。
使いやすいウマ(作業台)があれば、
おうちDIYが、もっともっと楽しくなります。

まずは、ソーホースのイメージづくりから。
DSC00429

これは完成形ではないけれど、ほぼこれをつくる作業です。
デッカイ洗濯ばさみのイメージですね。

【今回用意したもの】
ソーホースブラケット 2個入り370円くらいのを2セット 計4個
ツーバイフォー材 長さ1.82M を3本(1本300円くらい)
丸ノコ 台座の角度を調整できるもの
電動ドライバー
ビス 50本くらい

まずは、ソーホースブラケットをながめます。

DSC00421