記事

/記事
5 02, 2019

文化財が埋まってる地域なので

2019-02-05T19:30:26+00:002月 5th, 2019|ここち日記|

このあたりは、ずーーーっと昔から人が住んでいたところのようでして、
地中に遺跡や文化財が眠っています。

「埋蔵文化財包蔵地」というのですが、
このような地域で、地面を扱う工事が発生する場合は、
工事着手前の試掘調査などによって、
地中の埋設状況を確認します。

工事の範囲から文化財が出てこなければ、
そのまま工事着手となりますが、
文化財が発見された場合は、
本格的な発掘調査となります。

発掘調査が完了するまで着工できません。

 

今回は、文化財が眠る地層より
ずっと浅い範囲で工事が完結するので、
基礎工事着手に、教育委員会の方に立ち会っていただくだけの
比較的簡易な確認作業で完了しました。

引き続き基礎工事を進めることができます。

 

・・・しかし、

あらためて考えてみると、
ここは、はるか昔から生活の場所だったんですね。

そこにまた、新しい暮らしをつくる。
いつかは未来に受け継がれる。

 

地球のためにできること。という言葉を
ちいさく分解して考えれば、

自分が関わるこの場所を
次の世代の人たちが安心して使えるよう、
大切に扱うことでもあるんですよね。

そんな気持ちを忘れずに、
いま、快適な暮らしの場所を
つくってゆこうと思います。

4 02, 2019

節分とアオオニ

2019-02-04T10:42:46+00:002月 4th, 2019|ここち日記|

青鬼もオシャレな感じがしますね。

 

私ですね、
選ばれた理由が気になる性格でして。
「たまにはいいか。」とかユルイ理由でもゼンゼンよくって、
そんなとこ気になるんだーという驚きの結果だったりするとナオよくて。

 

家族が「青鬼」を選んだ理由も気になるわけですが。

 

会話で判明。
「あ、コレ青鬼やったんやね。」

 

なにげなく手に取ったらしい。

理由は、”ざっくりした性格”でした。笑

31 01, 2019

雨の地鎮祭

2019-01-31T14:30:00+00:001月 31st, 2019|ここち日記|

ここ数日、強く念じておりましたが、天気予報的中。
雨の地鎮祭になりました。(^^;

 

雨の強さはさほど強くなくて、
しかも、雨対策のおかげで地面の状態がとっても良好!
いつもより歩きやすいくらいかも。

テント、椅子、タオルに傘。
用意したものが、しっかり役に立ちました。

雨のおかげで、建て主さんをはじめ、
関係者みんなのチームワークの良さが引き立つ感じで、
あったかい気持ちでスタートを切ることができました。

 

みなさま、ありがとうございます。

 

 

29 01, 2019

地縄張りできました。

2019-01-29T17:57:26+00:001月 29th, 2019|ここち日記|

解体工事を終えた敷地に「地縄張り(じなわばり)」をしました。

敷地に張った白い縄が外壁の中心を示しています。

今まで、紙の上でイメージするしかなかった建物が、
いよいよ現実のものとなって現れてきました。
気持ちも一段と引き締まります。

 

28 01, 2019

地盤調査に立ち会いました。

2019-01-28T11:49:06+00:001月 28th, 2019|ここち日記|

安全な基礎をつくるための「地盤調査」をおこないました。
「スウェーデン式サウンディング」という試験方法です。

建物は敷地という、いわば自然の上に建てます。
当然のことながらその状態は一様ではありませんので、
その接点となる「基礎」の設計が重要になってきます。

地盤調査の結果、
地盤改良工事や杭打ち工事が必要になると、
予算に大きく影響しますので、
設計者である私も無関心ではいられません。

調査はサクサク進んでます。
地盤が悪いと時間がかかるんですが、
ちょっと安心な感じです。

雪がちらつく中の作業でしたが、
まずは無事に調査が完了してよかった。

その場で判断できる結果ではなかったけど、
心配になるほどの事にはならずにすみそうです。 ホッ(^^)

26 01, 2019

天気予報どおり、雪です。

2019-01-28T10:13:15+00:001月 26th, 2019|ここち日記|

午前中はわりと暖かくて、小雨は降っているものの
雪が降る感じじゃないねって話してたら、
みるみる空が暗くなって
降り出しました。

天気予報どおり!
どこからか、キャッキャと
子どもたちが、じゃれあう声が聞こえてきます。(^^)

25 01, 2019

解体工事完了

2019-01-25T17:34:15+00:001月 25th, 2019|ここち日記|

明日は、地盤調査。
調査結果によっては、
スケジュールと費用に影響します。

良い結果が出ますように!

23 01, 2019

葡萄、はじめての整枝

2019-01-25T17:42:26+00:001月 23rd, 2019|ここち日記|

わが家のブドウを整枝しました。
整枝というのは、枝を切ったり、固定したりして、
葡萄を目指す状態に近づけるための準備作業です。

 

わが家では、ブドウ狩りで見かける「棚仕立て」ではなく、
「垣根(かきね)仕立て」にします。

 

ちなみに、昨年の夏ごろはこんな感じでした。

 

 

垣根仕立ては、ワイン用のブドウ栽培に多いようです。
ワイン用の仕立て方っていえば、オシャレですけど、
単に、棚をつくるのが大変そうだからというズボラな理由なんですが。。。(^^;

 

 

昨年ようやく育ってくれましたが、
それまでは、整枝作業できるほど育ってなかったので、
整枝作業は今回が初めて。

 

やらなきゃって思いながら途方に暮れていると、
近所に住むブドウ師匠が、初心者にもわかりやすく解説した資料を持ってきてくれました。
いやー、本当にありがたい。
完璧に心を読まれているのに喜びでしかないのは、
師匠のお人柄だと思います。私もそんな人間になりたい。

師匠の資料を参考に、かなり大胆にカットしました!
・・・大丈夫かな?(^^;

 

春先になると芽が膨らんで新枝が伸びてきます。
その新枝に実がつきます。
効率よく収穫できる新枝のお手入れ方法もあるようですが、
わが家は、かわいい葉っぱを楽しめれば十分という、ざっくり栽培なので、
あまり気を遣わないようにしようと思ってます。

 

・・・

 

・・・と、いいつつ、
やはり、煩悩のカタマリです。(^^;

 

昨年より良いブドウが、おすそ分けできるくらい
できたらいいなと願ってしまいます。(^^)

23 01, 2019

解体工事の現場にて

2019-01-23T13:09:17+00:001月 23rd, 2019|ここち日記|

新築工事をはじめるための解体工事が進んでいます。

屋根瓦を下ろし、建具を外し、壁を崩し、
今日で建物の形が消えました。

解体現場を見ると、そこにあった暮らしの名残を感じて、
この場所を受け継ぐのだなぁ。という気持ちがわいてきます。

大切に、有効に、
この場所の性能を引き出すべく、
頑張らねば。