はじめての「ひと房」を願い続けていたのは昨年までのこと。
ことしの興味は、収穫数。
あの初々しさはどこに。(^^;

去年は、ひと房半の収穫。
ことしは4房?5房かな?
少しは増えそうな感じです。

うちのブドウは、まだまだ若くて、
もう少し先になりそうだけど、
早く誰かにおすそ分けしたい!(^^)

ぶどうのいいところは、季節選ばず遊べるところ。
冬場の枯れた時期でさえ、次はどっちに伸ばそうか、
あふれるくらい実ったらどうしようなんて
妄想に溺れたりできます。(^^)

ぶどうに限らず、樹木は、
そこに有り続けるというだけで、
価値あることだなぁって思います。

人の気持ちとは関係なしに、
落ち込んでいようが、すさんでようが、
おかまいなしに生きている。

人の浅はかなもくろみなんか意に介さず
摂理どおりに、たんたんと進むところが良いのです。

収穫量を増やしたい!
ああしてみるか、こうしたらどう?なんて、
浅はかな遊びにも、文句も言わず付き合ってくれますし。