この夏は暑すぎました。蚊も飛ばないくらい暑い夏。
いろんなものが枯れ果てた厳しい季節から、
ようやく過ごしやすい気候になりました。

 

 

庭の植物たちも元気になりました。
一斉に花を咲かせはじめ、
生命の再生を感じさせる光景になってます。

 

春先に、ゆっくり芽吹くのとは違って、
一気に満開になったので驚きました。

 

トップの写真は、フイリヤブランです。
模様が入っていることを、斑(ふ)が入っているといいまして、
葉っぱに模様が入った藪蘭で、フイリヤブラン。
夏の間、表情を変えなかったこの植物も、
一気に花を咲かせました。

 

白鳥草の花は小紋柄のようです。白い花をいっぱいに、
百日紅の木は、ボリュームのあるピンクの花をぽとぽとと地面に落とします。

 

茶色く枯れ果てたフキたちも、
緑の葉をもたげてきました。

 

過酷な季節の下で、準備してたんですね。
みんなたくましい。