敷地祓い

神様がちいさなお社に乗り、わが家にも立ち寄ってくださり、
お参りさせていただきました。

 

ご近所の神社の「敷地祓い」という行事です。

 

鈴の音がだんだん近づいてくるので、
そろそろウチかな?とそわそわしながら待ちます。

 

ついに、お越しになりました。

ちいさなお社と、ご神職様と、お世話係の方々と。

 

まずは、お社に向かって参拝です。

参拝の前に、自分を清めます。
用意しておいた、塩水とナンテンの小枝で。

まず小枝を塩水につけ、
足もとを払うように、左、右、左。

家族全員、順番に清め終わったら、
みんなそろって二礼二拍一礼。

 

ほっとしました。(^^)

 

残った塩水を敷地にまき、
一連の作法がおわりました。

 

ちょっと緊張しますが良いですね。
古くから伝わる行事で地域とつながれました。
とっても清々しい気持ちです。

2018-09-26T19:36:44+00:009月 23rd, 2018|ここち日記|

About the Author:

住まいの仕立て人 こと 北九州の一級建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員 建築・空間・住環境研究会RASE NPO法人cocolon│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身│手ざわりのいい暮らし、つくりたいのです。

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください