既存住宅状況調査技術者

///既存住宅状況調査技術者

忘れたころにやってきました。既存住宅状況調査技術者の資格者証。
受講者が多かったんでしょう。広めの会場にビッシリでしたもん。
建築士しか受講できない資格なのに驚きました。

 

「既存住宅状況調査技術者」は、中古住宅の不動産取引を安心できるものにする目的で設けられました。

利害の絡まない建築の専門家が取引対象の住宅を調べ、その状態を報告してくれたら安心ですよね。
悪いところは悪いと、わかったほうがいい。
病気が見つかれば治療方法を検討できます。

 

中古住宅を購入する方にとって、建築技術者が作成する報告書は、安心材料のひとつになるでしょう。
立ち上げられたばかりのこの制度が、正しく活用されることを願います。

2017-09-14T17:47:51+00:009月 14th, 2017|ここち日記|

About the Author:

住まいの仕立て人 こと 北九州の一級建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員 建築・空間・住環境研究会RASE NPO法人cocolon│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身│手ざわりのいい暮らし、つくりたいのです。

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください