253 『スッキリ暮らす』

//253 『スッキリ暮らす』
253 『スッキリ暮らす』2013-02-20T07:31:49+00:00

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2009年12月24日 第253号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

メリークリスマス!kobaです。(^^)
いかが過ごしですか?

私はですね、
音楽を楽しんでおります。
大好きなパン屋さんのパンを
たくさんほおばりながら。(●^o^●)

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『スッキリ暮らす』

ゴチャゴチャしたものを
見せない暮らしをするには、生活感あふれるものを
いかに隠すかというのがテーマになります。

では、どうしたら生活感を抑えられるか。

そのためには、思いっきり生活感の出る場面を
イメージするかがポイントになります。

洗濯物を干したり、たたんだり
食器を洗ったり、
雑誌や新聞をストックしたり
食品を買い置きしたり

生身の人間が暮らすのですから
一番人間臭いところを
いかにスッキリ収めるか。

そこがスッキリぐらしのツボ。

建物にあわせて暮らし方を変えるなんて
ナンセンスです。
生物として無理なく暮らせるように
考えれば、何十年と自然にスッキリできます。

見せるところ、
隠すところ、
自分の生活をよく分析する。

それが、スッキリ暮らせる間取りづくりの
第一歩です。

それでは皆さま! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

今回の特集は、ちょっと抽象的でしたかね?

たとえば、鳥やワンチャン、ねこちゃん
ペットを飼う感覚で住まいを客観的に見るのも
いいと思うんです。

生き物ですからね。
人間は、無理ができますけど、
無理せずに暮らすにはどうしたらいいか。

そんな目で自分の生活を見直してみると
ちょっと違ったアイデアが浮かぶことも
ありますよ。(^^)

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~