257『2015年問題って?』

//257『2015年問題って?』
257『2015年問題って?』 2013-02-20T07:31:48+00:00

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

配信停止はこちら。
http://www.mag2.com/m/0000145335.html

………………………………
2011年02月10日 第257号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは、
住まいの建築士 koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報を
元気いっぱいお届けします。

このメルマガでは、誰でも知っている
基本の「き」から解説しています。
詳しい方も、おさらいのつもりで
お付き合いいただけるとウレシイです。

ご質問もお気軽に。
eplan4u@gmail.com

■■ ごあいさつ ■■

あーー、ミカンおいしぃーー。

今週は、コタツでミカンの
冬の定番スタイルで書いてます。

暖房を切って
外の新鮮な空気を呼び込んで
味わう、にっぽんの冬。

寒い季節には、
寒さをしっかり楽しむってのも
いいもんです。

それでは、今週も元気にいってみましょうーーー!(^^)

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『2015年問題って?』

こんにちは。
住まいの建築士 koba です。

2015年からの日本は、
ちょっと違ってきますよ。
それが、2015年問題。

2015年になにが起こるかというと、
世帯数の減少が始まるんです。

世帯数が減ると
何が困るんでしょう?

もっと、ゆったり暮らせるように
なるんじゃない?
って、思う方もありますよね。

いえいえ、これがけっこう大変なんです。(~_~;)

海外ではすでに同じ状況を経験した
都市がありまして社会問題化しています。

どんな問題かというと、
街から人が減り、高齢者たちが取り残され
犯罪が増え街が荒廃する。
そんな状況になったんです。

その都市でも日本と同様、
街から郊外に向かって
住宅地開発がおこなわれました。

若い世帯は郊外に向かい、
街の中心にある、古くて不便になった住宅は
空家になります。

高齢者は取り残され、
スーパーや商店は撤退し、
さらに空家が増えるという悪循環。

(この都市は、ある解決策で効果をあげました。
その解決策とは・・・ 編集後記で(^O^)/)

世帯数が減ると、空き家が増える。

すでに日本の空家率もどんどん上昇しています。
日本も他人事ではありませんね。

空家を減らすためには、
新たな住宅地の開発をおさえ、
古い住宅を再利用するのが効果的。

国も、そのための仕組みを
整備し始めています。

来週は、そのあたりのお話です。

■■ 編集後記

次回、理解しやすくなると思ったもので、
ちょっとカタメのテーマでしたけど、
お楽しみいただけたでしょうか?(^_^;)

ところで、本文中でお約束したとおり
例にあげた都市の解決策をお話ししますね。

それは・・・

「学生を集めた。」です。

空家が増えた街に人を呼び戻すため、
大学を誘致し、学生寮をつくり
学生、教職員、関連する様々な人たちを
集めたのです。

すばらしい!官民協力!

日本もチームワークで
上手に解決してゆきたいですね。

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~