━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 2007/02/01 発行 ◆━
 楽しく読めて役に立つ
 週刊サラッとマガジン
    ●○○●○ 住まいの仕立て屋さん vol.112 ○●○○●
          http://www.eplan2u.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2月がやってきましたね!
  新しい月が始まるのってワクワクします。
  今月もどんな楽しいことが待ってるんだろう、
  なにか新しいことに挑戦してみよっかな、なんて
  とってもスッキリいい気分です。

  それでは今日も元気にいってみましょう! \(^o^)/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ☆特集 建築士のホンネ
 □□□□      ─ 家づくりのコツ ─
 □□□
 □□□□      『住宅ローン選びのツボ』
 □□□□□□
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

  住宅ローンの比較の仕方についてお話しましょう。
  
  住宅ローンをめぐる金融機関どおしの競争も厳しくなり、
  銀行さんもあの手この手で利用者を取り込もうと必死です。
  それぞれ自行の商品のアピールもスゴイ!

  一体どの住宅ローンが本当に安いのか複雑すぎてわかりません!
  とても比較しづらい。
  そこで、少し整理して住宅ローンの検討をしやすくしてみましょう。

  比較する項目を、大きく3つに絞ります。
  まずは、金利。
  そして、初期費用。
  さらに、繰上返済手数料

  最初に金利ですが、これは全期間でいくらの金利を支払うことになるのかを
  予測します。

  次に初期費用。これは借入時だけにかかる一時的なもので、保証料、手数料、
  などです。これに加えて、団体信用生命保険の保険料(無料の銀行が多い。
  毎年払いの場合はその合計額。)などを計算します。
  保証料が一切かからない銀行もあるので、この初期費用の差だけで100万
  円以上の差が開くこともあります。

  最後に繰上返済の手数料。無料のところもあれば、1回に付き3万円以上
  かかる銀行もあります。10回返済したら手数料として30万消えます。
  マメに繰上返済したい方はイタイ条件ですよね。

  こういった事をふまえて考えると、金利だけでは判断できないのです。
  最近、私が金融機関選びをお手伝いさせていただくときには、こういった費
  用を銀行ごとに計算した資料を作成しています。
  トータルコストで比較してみると、金利の差が逆転されることも珍しくない
  ので。。。

  少し手間はかかるかもしれませんが、ぜひ一度、トータルコストで比較なさっ
  てみてはいかがでしょう。

  そんなの計算できないよ~。ですって?

  それは失礼しました!
  たしかに自力では難しいですよね。
  住宅ローンの検討をしたいので、といってお願いすれば教えてくださる
  ・・・と思います。
  同じ条件で比較しないといけないので、金利のタイプ(固定期間の長さ)や
  借り入れる金額、借入期間の条件は統一しておきましょう。

 今日のpoint
 ●住宅ローンの選び方は、トータルコストがポイント。
 ●簡易的には、全期間利息+保証料+手数料+団体信用生命保険保険料で比較。
 ●繰上返済手数料も参考にする。

 それでは皆さん、知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/
────────────────────────────────────
 ■編集後記
────────────────────────────────────

  今回は、一度にたくさんのことを盛り込んでしまいましたけど、
  おわかりいただけたでしょうか?

  本当は3回くらいに分けてもいいくらいの内容だったかもしれませんが、
  あんまりお金の話ばっかりだとツマンナイですからね。
  もう少し詳しく教えて欲しいとか、自分の場合はどうだろうとか
  ご質問やご相談のある方はメールなどでお問い合わせください。
  どうぞご遠慮なく。
  
  来週はなにか建物の設計に関するお話にしましょうね。

  どうぞお楽しみに!

  よりよい情報をお届けするため、ご意見をいただけるとうれしいです。
  日ごろ疑問に思うこと、お気軽にお寄せください。