Monthly Archives: 11月 2007

//11月
29 11, 2007

155 『バリアフリーのこと』

2013-02-20T07:17:58+00:00 11月 29th, 2007|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2007年11月29日 第155号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

こんにちは、kobaです。

ちょっと風が冷たくなり、
一気に冬らしくなってきました。
あったかい食べ物が美味しくなりますね。

とか思ってたら、
珍しい方が、アイスクリームの差し入れを持ってきてくれました。
よっぽど頭に血をのぼらせて仕事してると思ったのでしょうね。(^_^;)
いや、そのとおり。
とっても美味しかったし、うれしかったでーす。

それでは今週も、元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『バリアフリーのこと』

バリアフリーという言葉もすっかり定着しましたね。

バリアフリーとは、障害(バリア)を無くす(フリー)という意味。
障害をなくして、体の不自由な人や高齢者の方にも利用しやすい環境をつくろう
というのがバリアフリーの基本的な考え方です。

廊下や出入口の巾を広めにしたり、床の段差をなくしたり、手すりを設けたり、
床を滑りにくい材料で仕上げたり。etc
バリアフリーというのはなにも特別な人のためのものではなく、
一般の人にも優しい配慮にもなりますね。

ただ、バリアフリー対策を過信しすぎるのは禁物。

車椅子が利用しやすいように配慮した計画だったとしても、
実際は、体の機能上、車椅子を利用できないことだってあります。

車椅子は使えるとして、体をかかえてお風呂には入れられないとなれば、
巡回してくれるお風呂カーに頼ることになり、
バリアフリー仕様のお風呂もその実力を発揮できません。

実際の現場では、個別の事情にあわせて柔軟な対策を求められます。
あまりバリアフリー対策を意識しすぎて、かえって使いづらいものに
なることのないよう気をつけたいものです。

近ごろ、昔ながらの暮らしを求める人たちも増えてきましたね。
使う素材も木、紙、ガラス、土、金属といったものが好まれます。
ビニールやプラスチックのようなメンテナンスの容易さより、
質感とか雰囲気といったものの価値を大切に考える。

でも、これってある面いいことかもしれません。
ガラスは割れるもんだ。とか、火は熱いとか、コケたら痛いとか。
汚れやすいから気をつけようとか。
普段の暮らしの中に気をつけることがあるということは、
人間本来持っている本能とか、危険を察知する能力とかを
保つのに役立つと思うんです。

バリアフリーとはちょっと違いますけど、
人間の動物的な力、いきもの力を高めることで、
より強い人間をつくるというのも
大切なことかもしれないなぁなんて思います。

■■ 編集後記

”いきもの力”なんて言葉があるのかは知りませんが
人間本来持っている力が便利さと引き換えに
本来持っていたはずの能力が少なくなっているような気がしますー。

そういえば電話番号もそうです。

私、携帯電話を持つようになるまでは、番号わりと覚えてたんですが、
今では携帯電話のメモリーに頼りっぱなし。
アドレスをピッってなもんで覚えられません。

電話番号が減った分、
どうも美味しいもの系の記憶にまわってるかも、

新そばの季節だー。釜揚げそば食べたいー。 ←こんな風に。(^^ゞ

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、また来週~~~(^.^)/~~~

15 11, 2007

153 『椅子と建築の話』

2013-02-20T07:17:58+00:00 11月 15th, 2007|メールマガジン|

● 楽しく読めて役に立つ
■ 週刊サラッとマガジン
●「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2007年11月15日 第153号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■ ごあいさつ ■

こんにちは、kobaです。

急に肌寒くなったもので、
しょうがたっぷりの「よもぎうどん」を食べてきました。
あー、おいしかったなぁ。
これってクセになるんですよねー、
明日もまた食べたいなぁ。(*^_^*)

おっと、余韻にひたってる場合じゃないですね。

それでは今週も、元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『椅子と建築の話』

今回はちょびっと脱線します。
とかいって、いつも脱線してるような。(^^ゞ

私、椅子(イス)が好きなんです。

椅子の展覧会なんてやってると飛んで行ってしまいます。
なぜ椅子がそれほど気になるのか、
まぁ、いろいろ理由はあるのですけど、
その一つは、椅子って一番身近で小さな
建築だと思うからということでしょうか。

椅子は、くつろげる形でありながら、
人を支えなくてはいけない。
というのが、建築そのものだと思うのです。

椅子を作るには、楽な姿勢とはどういうものかを
よく考えなくてはなりません。
人間の体を支えながらラクな姿勢を
とらせるにはどうしたらよいかを考える。

まさに、住宅づくりそのものだと思うんです。

快適でありながら、丈夫であり、機能的でもある。
いい椅子には、作った人の気持ちや心配りが随所に込められています。
住宅づくりのヒントもいっぱいです。
良いものを、たくさん見る、触れる、使う
そういったことで、感性も磨かれていくのではないかと思います。

美味しいものを食べたからといって、料理が上手になるとは限りませんが、
好きなお店を探し出すのは上手になるかもしれませんよね。
そんな感じで、いいものをたくさん感じることは
何かといい影響があると思います。

たまたま椅子を例にあげましたが、
それが洋服でも、靴でも、帽子でも、時計でも、車でもいいんです。
好きなものを好きと思える感性がとても大切だと思います。

あなたの好きなものをじっくり見つめてみてください。
スケッチしたり、好きなところをノートに書き出したりしてみると
ちょっとした自己分析ができますよ。
自分を知るというのは、家づくりの第一歩、
そんなところからはじめる家づくりというのも面白いでしょう?(^^)

■編集後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

私の手帳は、毎週木曜日のところにメールマガジンの配信予定号数を書き込んで
あるんですよ。ですから、11月15日にはV153って書いてあるんです。
パラパラッと手帳をめくると、年内最後は159号の予定ですねー。
あっという間今年も終わりそうで、ちょっとあせります。^_^;

来年は160号からスタート、キリがいいですね。
そろそろ新しい手帳に来年の配信予定号数を書き込もうかな?
来年最後は何号だろう。200号はいつごろだろう。
いろいろ気になりますねー。
もう少し先の楽しみにとっておこうかなー。(^^)

ようやく過去のメールマガジンをホームページに掲載する作業が終わりました。
↓ よかったらのぞいてみてくださーい。
http://www.eplan2u.com/modules/cocochi_melmaga/content0001.html

それでは、また来週〜〜〜(^.^)/~~~

1 11, 2007

151 『土間・どま・ドマ』

2013-02-20T07:17:58+00:00 11月 1st, 2007|メールマガジン|

● 楽しく読めて役に立つ
■ 週刊サラッとマガジン
●「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2007年11月1日 第151号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、サラッと読めて役に立つ?!
情報と元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■ ごあいさつ ■

こんにちは、kobaです。
11月がやってきました。
いつまでも暑いねぇなんて思ってましたが、
冬の訪れを感じるようになりました。
やっぱり11月なんですねー

それでは今週も、
は〜じまりま〜〜す。
(^o^)/

■ 家づくりのホンネとコツ
●『土間・どま・ドマ』

「kobaさん、土間ってどうです?」
打合せ中の会話の中で、質問のような、
そうでもないような会話がありました。

ふとそのことを思い出したときに、
ちゃんとお答えしたかな?と不安になってきたので、
この場を借りて再度(?)お話しようと思います。

私の祖母の家は農家だったので、
土間の片隅に収穫した野菜なんかを
放り込んでましたね。

玄関や勝手口のように、ウチとソトをつなぐ
中間的な位置に土間はあって作業場として使える
たっぷりとした空間です。

”土間”の発想を生かすとどんなことができるのでしょう。

たとえば、玄関を思いきって6帖にしてみましょうか。
釣竿をのばすことだってできるし、
自転車をつっこんでいじることもできます。
土間に面した部屋の上がり口に腰掛けてお茶をすすると
まるで縁側に座り込んだような
懐かしい雰囲気を味わうことができます。

勝手口のそばに土間をとっても楽しいです。
洋風にいうとサービスヤードってことになりますね。
家庭菜園から収穫した野菜を乾燥したり
洗ったり、部屋の中ではやりにくいことを
気持ちよくできます。
楽しくガシガシ使えるように作るのが
土間の醍醐味でしょう。

カッコよく見せる土間もいいですね。
ベンチを造りつけて、
雰囲気のある照明で演出するのも楽しそうです。

■編集後記

先週、編集後記で呼びかけた韓国在住の
インテリアコーディネーターさんから
あんにょはせよぅ〜ってメールが届きました。
韓国はもうすっかり冬のような気候だそうです。

催促したようになってしまいましたけど、
メルマガの感想いただけるとうれしいものですね。

先日、友人の建築家さんたちと総勢7名で
大分県まで建築作品を見学しにいってきました。
本当に楽しかったです。

いろんな人たちと、こうやって
つながっていられるということは
幸せなことだなぁとしみじみ思いますね。

最後までメルマガを読んでくださった
あなたにも心から感謝感謝です。(^^)

それでは、また来週〜〜〜(^.^)/~~~