Monthly Archives: 7月 2008

//7月
18 07, 2008

186 『エコロジーな照明器具』

2013-02-20T07:20:20+00:00 7月 18th, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ ほぼ週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年7月18日 第186号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。

こちらはジリジリと猛烈な暑さの毎日で、
地球は熱くなってるなーって実感しているところですが
あなたの地域はいかがですか?

お互い、ヒモノにならないよう
しっかり水分補給してがんばりましょう!

それでは今週も元気にいきますよぉー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『エコロジーな照明器具』

家庭内の器具をCO2を排出する量でランキングすると
(資源エネルギー庁資料)

1位 エアコン 24.9%
2位 照明器具 16.2%
3位 冷蔵庫 15.5%

だそうです。
照明器具って冷蔵庫よりCO2排出量が多いんです。
CO2排出量を削減するためには、
照明器具対策が軽視できないことがわかりますね。

(少し前にメルマガでもお伝えした白熱電球が消える。という話につながります。)
http://www.eplan2u.com/modules/cocochi_melmaga/content0198.html

白熱電球にかわり期待されているのが、LED(発光ダイオード)の
照明器具。
LEDは、白熱灯の7分の1の消費電力で寿命は20倍。
これほどエネルギーを使わない照明器具はありません。

身の回りの利用例は、携帯電話のバックライト(実にLED全体の52%)や
信号機に使われています。エネルギーの消費量が少なく長寿命というLEDの特
徴をいかすにはピッタリの利用法。

このようにエネルギー効率のよいLEDですが、
コストが高いこともあって一般家庭の照明器具として
普及し始めるのは2015年以降のことになりそうです。

LEDにしたときに何年くらいでもとが取れるかという試算では、

白熱電球との比較では5年
蛍光灯だと10年間

白熱電球をLED照明に換えたコスト削減効果は、
10年間で90万円という結果になったそうです。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

今回は、建築専門誌「日経アーキテクチャー」から
気になる記事をピックアップして解説しました。

照明器具のCO2排出量がエアコンに次いで2位という結果には驚きました。
日本は蛍光灯が普及しているほうだと思っていたもので。

白熱灯の廃止は世界的な流れです。
建て主さんとの打合せでも、白熱電球はオススメしていませんが
コストや、照度の問題もあるので、なかなかLED照明を採用するというところ
まではいきません。
今のところ電球交換しにくいところに利用するにとどまっています。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい一週間をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~

10 07, 2008

185 『住宅ローンの金利優遇』

2013-02-20T07:20:20+00:00 7月 10th, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ ほぼ週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年7月10日 第185号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。

梅雨明けしたかと思ったら、
真夏のような天気がつづいてます。

あー、もう夏ですねー
仕事のついででもいいから海が見たいです。
海も夏も大好きなので、
ワクワク、ウズウズしてきます。(^^)

それでは今週も元気にいきますよぉー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『住宅ローンの金利優遇』

住宅ローンの中には、
オール電化住宅やガス化エコ住宅のように環境に配慮したエコ住宅建設を応援す
る金利優遇制度を持っている金融機関があります。

融資金利から優遇してくれる金利は、0.1%や0.2%と金融機関によってま
ちまちです。35年という長期にわたる住宅ローンにおいては、この0.1%が
かなり効きます。

総支払額の減額分で、エコ住宅にする追加工事分をまかなえますので、
トータルで見るとかなりお得です。環境に配慮できた上に総支払額も少なくてす
むなんて、なかなかオイシイ話です。

2人以上お子さんがいらっしゃるご家庭にオイシイ優遇制度をもつ金融機関もあ
ります。『子育て応援住宅ローン』とか『子宝住宅ローン』なんて商品名からも
想像がつくように、お子さんの人数によって金利優遇をしてくれるものです。

たとえば、お子さん2人以上のご家庭で、1人増えるごとに0.1%金利を優遇
する。融資実行後にお子さんが増えても対応します。なんていう金融機関もあり
ます。この制度はどちらかというと珍しい部類に入りますね。

各金融機関、独自に商品をアピールするようがんばってますので、
建築計画の内容やご家族の条件があえば、一般的な金利よりも有利に資金調達で
きる場合がありますよ。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

昨日は、JAさんに融資の申し込みに行ってきました。
今回申し込んだJAさんでは、金利を申し込み時の金利で確定してくれるという
メリットがありまして、金利が上昇する可能性が高いときには有利です。

さて、これからの金利はどう動いてゆくのでしょうか。(^^)

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい一週間をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~