Monthly Archives: 12月 2009

//12月
24 12, 2009

253 『スッキリ暮らす』

2013-02-20T07:31:49+00:0012月 24th, 2009|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2009年12月24日 第253号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

メリークリスマス!kobaです。(^^)
いかが過ごしですか?

私はですね、
音楽を楽しんでおります。
大好きなパン屋さんのパンを
たくさんほおばりながら。(●^o^●)

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『スッキリ暮らす』

ゴチャゴチャしたものを
見せない暮らしをするには、生活感あふれるものを
いかに隠すかというのがテーマになります。

では、どうしたら生活感を抑えられるか。

そのためには、思いっきり生活感の出る場面を
イメージするかがポイントになります。

洗濯物を干したり、たたんだり
食器を洗ったり、
雑誌や新聞をストックしたり
食品を買い置きしたり

生身の人間が暮らすのですから
一番人間臭いところを
いかにスッキリ収めるか。

そこがスッキリぐらしのツボ。

建物にあわせて暮らし方を変えるなんて
ナンセンスです。
生物として無理なく暮らせるように
考えれば、何十年と自然にスッキリできます。

見せるところ、
隠すところ、
自分の生活をよく分析する。

それが、スッキリ暮らせる間取りづくりの
第一歩です。

それでは皆さま! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

今回の特集は、ちょっと抽象的でしたかね?

たとえば、鳥やワンチャン、ねこちゃん
ペットを飼う感覚で住まいを客観的に見るのも
いいと思うんです。

生き物ですからね。
人間は、無理ができますけど、
無理せずに暮らすにはどうしたらいいか。

そんな目で自分の生活を見直してみると
ちょっと違ったアイデアが浮かぶことも
ありますよ。(^^)

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~

17 12, 2009

252 『現場見学してみる』

2013-02-20T07:31:49+00:0012月 17th, 2009|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2009年12月17日 第252号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

こんにちはkobaです。

一週間後はクリスマス。
さて、なに食べようかなぁー?

これ考えてる時が一番幸せ。(^^)
いまならまだ、どんなものだって食べられる
可能性がありますからね。

妄想がどんどん膨らみまーす。

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『現場見学してみる』

住まいのイメージをつかむには、
希望に近い実例を見るのが一番です。

施工中でもいいので、参考になる建物があるなら
ぜひ、ご覧になるといいですよ。
空間のイメージはつかめますからね。

その住宅会社に建築を依頼しようと考えているなら
ぜひ、現場の整理整頓ができているかも
みてみてくださいね。

まぁ、これは経験上ということになるんですが、
雑然としている現場では、間違いやトラブルが起きやすいんですよね。
上手な大工さんは、掃除も上手です。

大工さんや職人さんがいれば、
挨拶してみてもいいですね。
お仕事のじゃまにならない範囲でお話しできると
さらにいいです。

その職人さんや大工さんが、
いつかあなたの住まいをつくる人かもしれません。
住まいづくりに誠意と情熱をもって
取り組んでいる職人さんだったら嬉しいですよね。

そういう感覚で現場を見学すると
お施主さん気分を先取りして味わえます。
いつかのための予行演習です。(^^)

それでは皆さま! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

昨日は棟上げでした。

ちょっと寒かったですけど、
順調に進んだのでよかったよかったです。(^^)

残すところ半月もありませんね。
なにかやり残したことなどありませんか?

私は、たーくさんあります。

あのお店の、新蕎麦を食べそこねてるとか
よもぎうどんを年内にもう1杯だけでも食べたいとか
本店限定のやきうどん食べたい!とか

あはは、
うどんと蕎麦のことばっかり。(^^ゞ

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~

10 12, 2009

251 『住宅ローンと自己資金割合』

2013-02-20T07:31:49+00:0012月 10th, 2009|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2009年12月10日 第251号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

こんにちはkobaです。
ホームページを集中的にいじってました。

ここ数年のプロジェクトを整理したり、http://wp.eplan2u.com/sumai/project/
カウンセリングのご案内ページを新設したり、http://wp.eplan2u.com/ok/counseling/

つくり始めたら楽しくなって、
やめられないとまらないー♪になっちゃったんです。(^^ゞ
おヒマなときに遊びにきてくださいねー。

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『住宅ローンと自己資金割合』

「kobaさん、自己資金ってどのくらいあると優秀なんでしょう?」

うふふ、おもしろい質問なので、
今回のネタにさせていただきましょう!

私からすると、自己資金をちゃんと準備されているって
だけでも優秀だなって思うんですけど。(^^)

融資する銀行さんなどの見かたを参考にすれば、
建築資金の2割の自己資金というのが、
ひとつの基準になるでしょうね。

たとえば、ある銀行さんでは、
自己資金が2割以上あって、年収の基準もクリアしていれば
通常50万近くかかる保証料(ローンの諸費用)を実質無料にしてくれます。

通常の金利よりもさらに優遇した
プレミアム商品を用意している銀行もあります。

「自己資金を2割以上準備しているお客様、どうぞ当行をご利用ください!
 お安くしときますので、ぜひ!」
 そんな金融機関の心の声が聞こえてきそうです。

計画性があるとか、今後の返済も問題ないだろうとか
安心の材料として評価した結果なのでしょう。

そうそう、自己資金の考え方ですけど、

親ごさんから借りたり、援助してもらったりしたお金も自己資金として
みなせる場合がありますよ。
せっかく応援してくださるのなら、融資審査の前の方が効果的です。

ともあれ、2割の自己資金を用意するのは大変なことです。

自分にはちょっと無理かな。って思う方は、
軽く聞き流しておいてくださいねー。

実際のところ、「建築資金の100%まで融資可能です!」とか、
「建築資金のほか諸費用分まで融資できます!」とか売り込む
銀行さんが多いのですから。現実はそんなものです。(^^)

それでは皆さま! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

今回のお話し、いかがだったでしょうか?

ちょいとウラ話的なところがあって、
面白いかなと思って書いてみました。

どこの銀行にもこういう特別な商品があるわけではないのですが、
審査上有利になることは間違いないですよ。

また一段と寒くなりました。
風邪などひかれないよう、お気を付けくださいねー。

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~

3 12, 2009

250 『風通しのよい住まい』

2013-02-20T07:31:49+00:0012月 3rd, 2009|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ お気楽サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2009年12月03日 第250号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

こんにちはkobaです。

来月の今頃は、
「明けましておめでとうございます。」
なんて挨拶してるんでしょうね?

信じられません。(@_@;)
月日が流れるのって早すぎるー

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『風通しのよい住まい』

前回に引き続き、風通しの良い住まいづくりのポイントについて
お話ししたいと思います。

今回のコツは、風にいじわるをする。です。

せっかく取り込んだ風、
スルッと逃がしてはもったいないです。

夏に吹く風を取り込んだら
なるべく長いルートを通って
抜けていくように窓を配置してみましょう。

遠回りするほど、換気量も増えますし
隅々まで涼しさが伝わります。

ひと部屋だったら、
窓の向かいに窓。ではなく、
風が遠回りするよう横に抜くとか
窓の位置次第で換気効率が変わります。

冬の風は、あまりたくさん入り込むと寒いので、
風を防ぐことを意識して、
窓を配置すると良いですね。

それでは皆さま! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

いよいよ12月ですね。
手帳の準備も整いました。
来年も前向きな予定で
いっぱいになるといいなぁ。(^^)

それでは皆さま、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~