Monthly Archives: 5月 2015

//5月
28 05, 2015

らくがき

2015-05-28T14:49:15+00:00 5月 28th, 2015|ここち日記|

四角を書いていたら、
家になった。

細胞のように、
自己復元できる素材で
家をつくる時代が来るのだろうか。

27 05, 2015

空き家問題から抜け出すために。

2015-05-27T11:37:25+00:00 5月 27th, 2015|ここち日記|

昨日「空き家対策特別措置法」が施行されました。

危険な空き家の強制撤去も可能な法律です。
管理されていない空き家は、衛生上の問題が発生したり、
倒壊の危険性をはらみ、地域の住環境に悪影響を及ぼすこともあります。

たしかに、空き家のマイナス面ばかりを見ていけば、
負の資産ということになってしまいますが、
それだけではないと思うのです。

私はこの5年間、住宅診断やリノベーションという形で中古住宅活用のお手伝いをしています。
そこで感じるのは、しっかりつくられた建物は、古くなっても味わいを増すし、
魅力を磨けば新築住宅以上の輝きを放つということです。

空き家活用のご相談をいただいた時、
まずお勧めするのは、建物の状態を正確に把握することです。

建物も人間と同じです。
年をとったから、不安だからと、やみくもに薬を飲むなんてしませんよね?
まずは健康診断をして、問題が発見されれば、さらに詳しく検査をして適切な処置をとる。
もちろん費用も重要です。治療に耐えうる体力があるかなんて判断も必要です。

そういった判断のためのサポートを
建築の専門家としてお手伝いしています。
正確に把握し、適切に治療すれば、無駄なコストも省けます。

最初の一歩は、建物の状態を正確に知ることです。

私たちがお手伝いする空き家対策の流れはこうです。

建物を調査し、対応すべき問題点を洗い出します。
次に、問題点を整理して優先順位をつける。この作業が非常に重要です。
考えられる解決方法とコストをつかみ、対処方法を判断いただけるよう助言します。

早く対処するほど軽く済む問題もあれば、
気を付けて様子を見ておく程度でいいものもあるでしょう。

それを知らないことが一番の問題なのです。

丹精込め手間ひまかけてつくられた建物が、
簡単に壊されるのは悲しいです。

限られた資金を有効に使っていただき、
もう一度今の暮らしに合うように命を吹き込む。
そんなふうに空き家対策のお手伝いをしたいです。

どうぞお気軽にご相談ください。

26 05, 2015

風知草(ふうちそう)

2015-05-26T12:43:20+00:00 5月 26th, 2015|ここち日記|

飾る絵のサイズを確認したかったので、
画材屋さんに行ってみました。

壁面の寸法を決めるのに、絵の規格サイズを参考にしたい。と思ったのがきっかけ。

すでにある絵に合わせるのは簡単なのですが、
のちに融通の利く寸法となると、少々悩みます。(^^;

検索してもスッキリせず。
こうなると画材屋さんに行くしかないですよね。

実際に行動するといいですねー、
余分な情報にたーーくさんふれられます。
ほかのひとの相談ごとも耳に入ってきて感心したり。
最近の絵画事情に詳しくなった気分に。(^^;

そもそもの目的もスッキリ解決。
壁の寸法を少し修正しました。
いつか「このスペース好き。」って感じてもらえたら嬉しいなぁ。(^^)

写真は、「風知草(ふうちそう)」

葉っぱの庭の、新入り君。
ほんとに良くそよぐ。
ほかの植物が反応しないような微風でも流れるように、
風のカタチを教えてくれます。(^^)

ささいなことにも反応すれば、
面白いことが起こります。

25 05, 2015

かわさきパン博

2018-03-02T15:39:39+00:00 5月 25th, 2015|ここち日記|

福岡県田川郡川崎町で開催された「かわさきパン博」に行ってきました。
到着したのがお昼を少し回ったくらい。

もう完売しているお店や、長ーーい行列ができてるお店もあったりして。
次の予定があったので短い滞在時間でしたけど、
活気あふれる会場の雰囲気をたっぷり堪能できました。(^^)

いろいろご縁のあるお店も出店されてて、
キラキラした表情が見れてうれしかったです。

DSC07617

22 05, 2015

VISION GLASS ヴィジョングラス

2015-05-22T16:36:35+00:00 5月 22nd, 2015|ここち日記|

ヴィジョングラスが注目されているようですね。

ビーカーのようなシンプルなグラスで、
透明なガラスなのに、直火にかけたり、
急激に冷やしても大丈夫という不思議なグラス。

インドで実験器具などを手掛ける会社の商品と聞けば、納得の性能です。

ガラス製なのでIHヒーターでは使えないんでしょうね。
ガスコンロ、ラジェントヒーターでお試しくださいませ。
アルコールランプでご飯を炊く様子がインパクトありました。

21 05, 2015

勝手に育つ自然の庭

2015-05-22T16:59:32+00:00 5月 21st, 2015|木曜日のコラム|

住まいづくりをホンネで語る「木曜日のコラム
住まいの専門家 koba(こば)が、
たわいもないこと書き綴ります。(*^^*)

 


『勝手に育つ自然の庭』


 

私ですね、葉っぱが好きです。(*^^*)
葉っぱの庭が好き。
季節ごとに咲く花を追い求めるのは、
無精者の私には不向き。(^^;

小学校の帰り道、
よく通学路沿いの山で遊んでました。
暑い夏でも木陰を抜けてくる風は、
ひんやりと気持ち良くて。

そんなこんなで、風が揺らす葉っぱの庭に惹かれます。

日本は世界的に見ても植物が豊富な国なのだそう。
イギリスではお金を出さないと手に入らないような植物が、
何でもないところに生息していて。

・・・と、イギリス人ガーデンデザイナー
ポール・スミザーさんがおっしゃってました。

ポール・スミザーさんは、
イギリス、アメリカで庭づくりを学び、
日本で庭師として活躍されている方。

著書など読むと、
やはり日本には日本の環境に適した植物がいて、
その植物たちが好む環境さえ与えてあげれば、
肥料や農薬など使わなくても
すくすく育つことがわかります。

たとえば日陰好きの植物は葉っぱが大きめなんです。
より大きな面積で光を受け止めようとするのでしょう。

逆に日光好きな植物はスリム。
熱に水分を奪われにくいようにしてる。

そんな風に少しずつ
植物の性格がわかってくると、
あー植物も生きてるんだなーって愛おしくなってきます。(^^)

庭に木陰ができるといいですよ。
夏の暑さをやわらげながら、
空気も浄化してくれる感じがします。

koba
福岡県北九州市在住
一級建築士
住宅ローンアドバイザー
福祉住環境コーディネーター

19 05, 2015

ぽっかぽっかDAY

2015-05-19T11:36:59+00:00 5月 19th, 2015|ここち日記|

そういえば、最近乳幼児に「くる病」が増えてるのだそう。
くる病なんて、戦後の食糧難のころのもので、
自分以降の世代には無縁のものだと思ってた。

日光浴不足も原因になってるらしい。
日にあたらないと皮膚がビタミンDをつくれないので、
骨が正常に発達しづらいのだそうな。

昔とは環境が違ってきていて
日光浴するにも注意が要るんだと思うけど、
まったくしないのも良くないよね。

・・・などと、事務所の庭で日光浴しながら考える。
太陽のあたたかさで細胞が元気になってきた。
さて、もうひとがんばりすることにしよう。(^^)