めざすのは『自転車みたいな家』

家を持つ責任を、わくわくに変えるには

「手がとどく」ことが大切だと思うのです。

自転車のように。

 

「手が届く」には、2つの意味があります。

 

1つ目は「金銭的に手が届く」ということ

自転車はエコカーよりも安い。

「消費が少ないエコカー」より

「エネルギーを使わない自転車」のほうが優れている。

さりげなくエコロジーなところがカッコイイ。

 

2つ目は「メンテナンスに手が届く」ということ

メンテナンスを自分できると自信を持てます。

自信があれば、「自分でカスタマイズしてみる?」と冒険心がうまれ。

手を入れた住まいには愛着もわく。

 

使う人に合わせた

オーダーメイドの自転車をつくるように

住まいをつくりたいと考えています。