<歩行自立>
  • 動作をスムーズに行えないため、移動範囲のでっぱりの解消や手すりの設置について特に注意が必要

場   所

住宅設計のポイント

アプローチ

  •  緩やかなスロープ
    (屋外 1/20以下)
    (屋内 1/12以下)
  • 両側に手すり

玄関ホール

  •  上がり框の段差を小さく
    (スロープ対応の場合 1/12以下に)

階   段

  • 段差を小さく
  • 段鼻を出さない
  • 段鼻は目立つ色に
  • 両側に手すり

廊   下

  •  幅広く
    (有効幅 85cm以上)
  • でっぱり解消
  • 両・片側に手すり
    (高さは杖の握り高さ)

L・D・K

  • でっぱり解消
  • 車椅子対応流し台
    (ガス台の安全性に注意)
  • 動線にあった手すり
  • 本人にあった椅子・ソファー・テーブル

寝   室

  •  でっぱり解消

ト イ レ

  • 寝室近くに設置
  • 出入口は引き戸
    (ドア・・・外開き)
  • 洋式便器・洗浄便座付
    (電動上下式便座が最適)
  • 両側に手すり
  • 必要ならば汚物流し設置

洗 面 所

  • 寝室近くに設置
  • 車椅子対応洗面化粧台
  • 脱衣用腰掛け

浴   室

  • 寝室近くに設置
  • 腰掛け必要(洗体・入浴)
  • 本人にあった浴槽の高さ
  • 手すり
  • 将来介助できるスペースの確保が望ましい

テ ラ ス
駐 車 場

  • 腰掛け場所確保
  • 段差を目立たせる
  • 物干しは腰掛けて行えるようにする

 

出典:特定非営利活動法人 北九州市すこやか住宅推進協議会 『すこやか住宅 身体障害編/認知症編』