あなたの土地取引は、宅地建物取引業法で守られています。

契約する前に不動産屋さんは、
売買する土地に関する重要な項目について、
説明する義務があります。これを「重要事項説明」といいます。

重要事項説明が義務付けられたおかげで
土地取引の安全性が高くなりました。
必ず契約前に行われます。

土地の重要事項説明は書類としてまとめられていて、
その内容を宅地建物取引主任者が説明します。

土地面積はいくつか、
道路には何メートル接しているか、
給排水の設備はあるか、
どのような建築制限の地域なのか、

などが記載されています。

質問するいい機会です。
疑問に思うこと何でも質問しましょう。

最後にサインを求められます。
これは単に「説明を受けた。」ということを示すためのサインです。