TOTOさん工場見学の感想など

TOTOさんの工場を見学しました。
NPO法人cocolonのつながりがきっかけでしたので、
cocolonスタッフとしての参加です。

工場見学の前に20分ほど
TOTOさんについての説明。

会社の歴史って面白いですね、
短時間でも心に響きました。
あと数年で100歳を迎える大企業の歴史、創業者の想い。

「実体をつかみなさい。影は自然についてきます。」
良品をつくり満足していただくこと、それが実体。
利益はその影。
(そういった主旨の言葉でした。(^-^;)

創業時の思想が、今も伝統として受け継がれてます。

工場は、なぜ小倉だったのか。という理由も興味深かったです。
原料、燃料、流通、といった製造の諸条件を
クリアするのに合理的な場所だったんですね。

そこに、縁あって自分がいる。
なんだかそれも不思議な感覚です。

そうそう、
肝心の工場見学の感想。
もう「驚き!」の一言しかありません。

成形したばかりの粘土が
焼いて縮んで、寸法通りに仕上がる。

あんなにデッカイのが、あんなに縮むのに
ちゃんと水漏れしない精度で仕上がるのだから
もう魔法のようです。

いくら工場の温度や湿度を調整してるとはいえ、
材料は自然のものですからね。

手仕事の工程も多くてビックリです。
重いうえに傷つきやすい商品ですから、
体力も注意力も必要でしょう。
作業する方の集中力もスゴかったです。

見学させていただいて、
私の感覚が変わりました。

トイレが「工業製品」から「磁器」になりました。
つくり手の顔が浮かぶようになったからでしょう。