Monthly Archives: 3月 2014

//3月
31 03, 2014

音を送ること

2014-03-30T02:27:42+00:00 3月 31st, 2014|ここち日記|

記念になるものを送りたい。
できれば」永く付き合えるものがいいなぁ。
・・・で、いい音をプレゼントすることにしました。

選んだのは、音質優先で開放型のヘッドホン。

いい音で聴けるのはいいですね。
今までに何百回聴いてきた音楽でも
まったく違って感じれるんですから。(^^)
日々が豊かになります。

音にこだわるのって、
大人の楽しみって感じがして
かっこよくないです?

いい音といえば、ある記憶がよみがえります。
ピアノの先生のお住まいを設計した時のこと。

ピアノの音の残響時間を調節するための
アイデアが必要でずいぶん悩みました。
・・・で、最終的には
奥に吸音材を張った本棚と、
そこに置く本の分量で調節するという
苦肉の策で乗り切ったんです。
これが思いのほか好評でですね。

気を良くして
その後も何度か
この手法を採用しました。

今ではいい思い出。
先生、お元気だろうか。

30 03, 2014

旅を本にヒモヅケする

2014-03-30T01:43:47+00:00 3月 30th, 2014|ここち日記|

この本の装丁がどうにもこうにも好きです。

東京で買ったんですよね、
手に取っただけで風景がよみがえります。
記憶って何かにヒモヅケると
豊かになるような気がします。

別に旅先にちなんだ本じゃなくってもいいんです。

その時の空気感ごと記憶に刻んでくれる。
なので、旅先で本を買うことにしています。
手にした瞬間、旅人に戻れます。

29 03, 2014

5年目に足した窓

2014-03-29T20:17:45+00:00 3月 29th, 2014|ここち日記, 高台の平屋|

窓ができました。
リビングの明かりを玄関に送る窓。
当時は思いつかなかったアイデアでしたね。
オイルで仕上げたら色もだいぶ追い付くと思います。

でもって、
雑貨屋さんや家具の話題で盛り上がりました。

ちょっといじると
見えてくるんですよね、次のステップが。
わかります、わかります。(^^)

自宅のPC環境が復活したので、
いろいろ快適になりました。
家具を設計したりもしてます。

家具のデザインも住まいのデザインも
おんなじくらい面白い。
んーーーー、
家具も住まいの境目ってどこだ?

28 03, 2014

リノベーションは給排水管のクリアがキモ

2014-03-28T20:52:09+00:00 3月 28th, 2014|現場より, ここち日記|

本格的なリノベーション工事がはじまりました。

広く開放的な間取りに更新するために
ほぼがらんどうの状態まで解体しました。

解体するときに真っ先に確認したいのが配管です。
なんといっても配管が気になる。

この計画では、
お風呂が元のサイズより、ちょっと大きくなります。
でもって、キッチンが対面式になるので少し移動します。

「ちょっと」と「少し」だから
大丈夫なんじゃないの。と思われるかもしれませんが、
いやいや、そんなに甘くないんですよ。
給排水管って、建物の血管に例えられるくらい重要なんです。

給水管と排水管、生活には同じくらい大切なんですが、
施工が難しいのは?と聞かれれば、迷いなく排水ですと答えます。

給水は、水圧で昇っていけるので少々大丈夫なんですが、
排水は、重力にしたがって降りていくだけ。
単純なだけにキチンと軌道を確保してあげないと詰まりやすくなって、
住む人はずっとトラブルに悩まされることになります。

排水の出口の高さから逆算して配管の計画をします。
もし勾配を取り切れないようなら、
床の高さをあげたり段をつけたりってことになります。

そんなの不便ですからね。
できることならルンバ君がお掃除しやすい
高さ設定にしたいですよね。

給排水管って見えないから軽視されがちなんですが、
快適な暮らしのためには、この一見地味な作業が欠かせないのです。

17 03, 2014

いろんな建材の展示会に

2014-03-17T09:18:19+00:00 3月 17th, 2014|ここち日記|

久しぶりの東京。
展示会やら何やらで楽しい旅になりました。

新しいつながりも。いいご縁ができました。
ちょっと動くと何かが起こる。
どんな一歩でも踏み出してみると良いことありますね。

展示会場で一番目を引いたのは、写真のコレでした。
PR力バツグン!(^-^)

12 03, 2014

ステンレスフレームキッチン

2014-03-13T11:15:12+00:00 3月 12th, 2014|ここち日記, 3+|

ガシガシ使いたい。
飾らなかったり、飾ったり自分しだい。
丈夫で長持ち。

そんな気持ちからだと思います。
「住宅だけど業務用キッチン使えますかね?」ってご要望。

システムキッチンとは対照的。

システムキッチンだと、
包丁を置く場所、調味料入れ、スプーンはここ。
きめ細やかにそれぞれの場所を準備されてます。

こういうシンプルなキッチンの場合は、
どう使いたいのか、使う人の自由を尊重したスタイル。
そこが魅力。

完全な業務用キッチンだと、
防火基準をクリアしたり、
家庭に使うには不便な部分があったりもします。

この写真は、業務用キッチンではありません。
ステンレスフレームの家庭用キッチンです。

家庭用ならではの配慮もありますよ。
水の音が響きにくい静音シンクなので、炊事しながらでも会話ができるし、
コンロの表面はガラス製でお手入れしやすいし、
つけようと思えば食洗器もつけられる。
ステンレスカウンターはヘアライン仕上げだし、
ステンレスの換気扇もお掃除しやすい。

システムキッチンではやりにくいことも自由にできます。
シンク下にゴミ箱置いたり、
コンベック置いてみたり、やめてみたり。

キッチンスツールに腰かけても、
ひざがキッチンに当たらないし。
車イス対応にも柔軟だし。

ステンレスフレームのキッチンは、
自分で成長させるキッチン。
カスタマイズを楽しめるキッチンです。

5 03, 2014

BLACK&DECKER Workmate 225

2014-11-21T23:19:13+00:00 3月 5th, 2014|ここち日記, 3+|

「ねー、ねー、そっち持っといて。
重いけどしっかり持っててよ。
10分ですむから!」

「了解!了解!
10分でも20分でも大丈夫!
ゆっくり作業していいよ!」

そんな相方が現れました。

ブラック アンド デッカー社の ワークメイト。
木工用の作業台です。
ガッシリしたつくりで、安心感有ります。

たとえば、自転車のフレームを逆さまに固定したりとか、
丸棒を加工するために固定したりとか、
いろんなものをしっかり持っててくれる、
ひとりDIYの強い味方です。

この安定感にもかかわらず、
1人でもてる程度の重さだし、
簡単に折りたためて収納できます。
なかなかいいですよ。(^-^)