Monthly Archives: 2月 2017

//2月
28 02, 2017

メンターム メディカルクリームG

2017-03-01T12:21:27+00:00 2月 28th, 2017|ここち日記|

同世代の男性が紹介してくださったので試してみることにしました。

 

「メンターム メディカルクリームG」

特にお肌に悩みはなかったんですが、
よくよく考えると、乾燥してカサカサしてるかな?と思う場面も
増えてきたような気もするなぁと思いはじめまして。
知らず知らずのうちに、
体内のうるおい成分が抜けてるのかもしれませんね。

遠い記憶ですが、
おじさんが、アブラっぽいのは、
アブラっぽい部分以外が乾燥してるせい。と聞いて、
目からウロコが落ちたのを思い出しました。

 

クリームをつけてみると、けっこう強いにおいがするんですが、
このにおいが消えるまでマッサージするんだそうです。
だいたい1、2分で消えます。
このマッサージをするということも良いのでしょうね。

 

どのくらいの頻度で使うのが普通なんですかね?

1日1度くらい?

お風呂上りとか、洗顔のあととか
抜けた油分を補う感じなのでしょうか?

ま、いろいろ試してみましょう、
けっこうたっぷりありますので。
使い終わるころには、プリプリな人になってますね、きっと。

27 02, 2017

外壁の色見本をつくりました

2017-02-28T14:06:14+00:00 2月 27th, 2017|日本理容館|

北九州の建築士 kobaです。
外壁の色見本ができたので太陽の日差しの下で確認していただきました。

 

今日は、ちょうどよい天候でした。
日陰になった時と、
日なたの感じを見比べられるので。

 

移転にともなう新築工事ということもあり、
今の店舗のイメージをどの程度取り入れるか
というサジ加減も判断のポイント。

現在の店舗の外壁の色と比較しながら、
みんなで、じっくり話し合ううち、
自然に方向性が決まってきました。

25 02, 2017

防雨型電源リール ハタヤ サンデーレインボーリールミニ SS-10(Y)

2018-03-02T15:39:32+00:00 2月 25th, 2017|ここち日記|

ちょっと小ぶりな電源リール。
片手でひょいと持ち運べます。庭先で使うのに丁度いい電源リールです。

 

大工さんたちが使うのは、コード長さが20Mとか30Mあって大きいので、
庭先サイズのを探してたんです。
DIYに使う程度なので5Mでも足りるんですけどね、
リール式が良かったので10Mのタイプになりました。

 

10Mの電源リールはコンセントが2つ。
15Mにサイズアップするとコンセントが4つに増えるのですが、
好きなバランスだったので10Mタイプにしました。
小ぶりさ重視、軽いし。(^^)

 

小さくても、屋外型で防雨型。
雨でも使えるというのはスゴイですね、イザというとき役立ちそうです。
防雨型なので、保護キャップを開けてコンセントを差します。
保護キャップは、傷み防止にもなるので、
利用頻度が少ないDIYにはメリットですね。

 

 

 

 

オートキャンプに使ってる方も多いみたいです。
現場用にはない楽しい雰囲気ががありますよね。

黄色いコードは、緑の上で目立つので、
つまづいたり、草刈り機で切ったりするキケンも
回避できそうです。

 

さあ、また快適なアイテムが加わりました。
だんだん暖かくなってきたし、
やりたいことがムクムクわいてきます。(^^)/

 

 

 

24 02, 2017

庭しごと、庭あそび。

2018-03-02T15:39:32+00:00 2月 24th, 2017|ここち日記|

おもしろいアンケート結果がありましたよ。
新建ハウジング社(住宅業界の専門誌)のアンケートで、
施主(住むひと)と、事業者(つくり手)の意識調査です。

施主が望むことを、
事業者が提案出来ているのか、
そこにあるズレがよくわかる結果でした。
暮らしを楽しむという、大きな方向性は同じなのですが、
事業者に追いつけていない部分があることが、
明確になっています。

まずは、家づくりの方向性について。

[施主]趣味を楽しむ暮らしをしたい。93%
[事業者]趣味を楽しむ暮らしを提案している。95%

ともに、暮らしを楽しむための家づくりをしたいと考えています。
住む人の望むものと、つくる人の提案の方向性が、とても高い確率で合っていて、
目指すものは同じという理想的な関係です。

ところがですね、
もう少し詳しい回答内容を見ていくと、
ズレている部分もあって。
これが、住宅業界全体の悩みに近い部分じゃないかと思うんです。

実は、私も同じ悩みを抱えていたころがありまして、
乗り越えるのに苦労をしたのでよくわかるのです。

それは何かというと・・・「庭」です。

建物の性能、
たとえば断熱性能や、防火性能、耐震性、音に対する対策などなど。
数値で測れるものには、一定の指標がありますし、
説明しやすいデータもそろっています。

営業マンも建築士の能力を
資料によって底上げしやすいのが、
ハード面です。

それに対して、
庭のことは、暮らし方そのもの。
暮らしというソフトを充実させることができるという
説明は、意外に難しいのです。

話を戻しまして、
アンケートの結果。

心配したとおりというか、、、
住まい手は「庭を楽しみたい!」のに、
つくり手は「庭に弱い。」という状況です。

[施主]自宅庭でアウトドアを楽しみたい。86%
[事業者]アウトドアの提案がうまくできていない50%

[施主]家庭菜園に興味がある。89%
[事業者]家庭菜園の提案がうまくできていない67%

モノの説明はできるんですよね。
ウッドデッキつくって、椅子テーブルを置いて。。。
絵や写真で、庭あそびのイメージは伝えられますが、
庭あそびの実体験が少ないのが現実です。

実体験に基づくソフト面の提案は、
これからの家づくりに欠かせないものになってくると思います。
住まいの中に、リアルな体験を求める声にこたえるために
事業者は、リアルな体験のための提案力を蓄積しなくてはなりません。
これが克服できていないのが現状ですね。

私も、自分が持つ能力の中で、
「庭が弱い。」と感じていました。

本の知識や、
造園の専門家の助言を得ながら、
一定のクオリティで提案出来ていたとは思いますが、
自らの体験とは違うんです。

自転車に乗れないのに
自転車の設計してるみたいな
ちょっと歯がゆいところを
引きずっているのがイヤでした。

そのコンプレックスを払しょくできたのは、
やはり自由にいじれる「自分の庭」を持てたからです。

庭を介した、コミュニケーションも楽しさを倍増してくれました。
通りすがりのおじいちゃんが、植木の選定を教えてくれるようになったり。
お散歩中の親子と仲良くなったり。よちよち歩きの男の子が庭の葉っぱに興味をもったのがきっかけで。
庭しごとや、庭あそびの楽しさは、ご近所さんも教えてくれました。

体験したことが知識として蓄積されると、
ちょっとした提案も違ってきますね。

維持管理を楽にする方法とか、
収納の位置は、ここが便利とか。

どのお店が品揃えが良くて安いという
情報なんかも入ってくるようになるし。

もっともっと、庭あそびを楽しんで、
いろんな人の役に立つとうれしいなって思います。

ついでにといいますか、
DIYもお勧めしたいです。
庭しごとや庭あそびとDIYは相性がいいので。

自分の力で楽しめるのは、庭づくりと一緒です。
ちょっとした道具も自分でつくれば安くできるし。(^^)/

家庭菜園で育てた野菜を収穫して、
家族でDIYした椅子に座って食べる。最高ですよ!

そろそろ暖かくなってきたので、
庭いじりをしようかと思ってます。

以前から考えてはいたんですが、
ウッドデッキの端っこに、
お茶を楽しめるスペースをつくれたらいいなって。

とりあえずアリモノを置いてみて、
イメージを膨らませてみました。

テーブル、作業台にも使えるかな?とか、
通りから目隠ししたくなる時もあるかな?とか、
雨よけも出来たらいいなー、
欲張りすぎですね。(^^;

妄想して空間の可能性を膨らませて、
不要な発想はしてシンプルに集約する。
これが計画のコツです。

じっくり考え、一気に動く。
これは実現のコツですね。

23 02, 2017

防火と断熱のための、いつものこと。

2018-03-02T15:39:32+00:00 2月 23rd, 2017|ここち日記, * House|

天井下地の石膏ボードを張るための
木枠が取り付けられました。

強度を担当する構造部材から少し浮かせて、
直付けしないようにつくる、このようなつくり方を「吊り天井」といいます。
上階の振動が伝わりにくくなったり、空気の断熱層を蓄えるというメリットがあります。

天井裏の空気層は、おおむね部屋ごとに区画します。
この写真ですと、垂れ壁のすぐ上に石膏ボードが張ってありますが、
「ファイヤーストップ材」といって、万が一火災が起きたときに、
火が天井を突き破ったとしても隣接する部屋に火が回るのを抑えることができます。

火の回りを抑えることで、消火のチャンスも増えますし
家そのものが燃えにくくなるため、
火災保険の等級判定上も有利になります。(省令準耐火構造)

一般的な木造住宅に比べると、
保険料金が半額になる場合もあるくらい
損害保険会社も認める安全性の高さです。

この写真は浴槽設置前の状態です。
基礎の建物内側に断熱材を取り付けてあります。

浴槽は1階床より下に埋め込んだ形になるので、
その周辺部の基礎部分までしっかりと断熱材を張り伸ばすのです。

防火も断熱も
見えにくい場所の施工ですし、
なかなか気が付きにくい場所ですが、
いざというときに役立ったり、
じわっと快適になったりするものです。

いつもの作業が、
いつもの暮らしを、
より良いものにしてくれます。

22 02, 2017

コイケヤ・プライド・ポテト

2018-03-02T15:39:32+00:00 2月 22nd, 2017|ここち日記|

「コイケヤ・プライド・ポテト」のCMが話題に興味を持ち、
品薄情報にものってしまいました。
完全に踊らされてます。
・・・でも、いいんです。(^^;

「コイケヤ・プライド・ポテト」
写真は、「松茸香る極みだし塩」味
ほかに「秘伝濃厚のり塩」と「魅惑の炙り和牛」という味がありますが、
和牛はまだお試しできてません。

最近はキャンペーンにのるのを、
避けてきたので、
今回は珍しいほう。

CMの反響すごいですね。
頑張ってつくってきたエネルギーが、
いろんなカタチで波及してるんですね。

真剣に取り組むと伝わる。の典型です。
がんばろ。(^^)

 

 

 

 

CM

[/fusion_youtube]

21 02, 2017

ハンディ掃除機、世代交代?

2018-03-02T15:39:34+00:00 2月 21st, 2017|ここち日記|

先日の打ち合わせで、掃除機置場の話になったので、
近況報告もかねて掃除機の話題を。

お住まいの収納関係のお打ち合わせだったんですが、
掃除機をおさめたときに邪魔にならない棚の位置、
電源は必要か?などを相談させてもらいました。

近ごろは、ルンバのようなロボット掃除機や、
吸引方式が独特のダイソン、
スティックタイプのハンディな掃除機など、
形状やスタイルが多岐にわたって多岐にわたっています。

収納場所にコンセントが欲しいとか、
電気配線や、収納棚の取り付け位置など、
確認が必要な場面があるのです。

私の相棒ともいうべき掃除機に、
あらたな仲間が加わりましたのでご紹介しますね。

もともと使っているのは、
コンパクトな赤い掃除機。

お引渡し前など、全体にはきれいになっているんだけど、
階段とか、すみっことか、ちょこっとお掃除したい時に重宝するんです。

コンパクトで床を走らせないで使えるので、
現場を傷つけずお掃除できて便利なんですよね。
もう20年近く使ってるかも。

ただ・・・コード式なんですよね。

コンセントがないと使えない。
コードが届かないと使えない。

コードレスな生活に慣れてしまった
心の声が、つぶやきます。

「充電できたら完璧なのに。。。」

そんな気持ちが伝わったのか、
やってきた新たな掃除機がやってきました。
希望していたコードレスタイプ。
コンパクトな充電式掃除機。

マキタの業務用掃除機です。

新幹線の車内清掃で注目され、
もともとは業務用なのに、評判を呼び、
家庭用として売れに売れたんですよね。

業務用の丈夫さとシンプルな機能が好まれて、
家庭用としてもすっかり定着しました。

もとの赤い掃除機君の良さを受け継ぎつつ、
コードレスになったという理想的な仕様。

紙パック式。
コンパクト。
首が伸ばせて腰も痛くならない。

スイッチオンですぐ使えます。
コンセントさがして抜いたり差したりしてる間に、
作業完了してしまうほどスピーディーです。

もう一つ、ありがたいことがありまして。
それはバッテリーが共用できる点です。

電動ドライバーのバッテリーをそのまま使えます。
マキタの同じ電圧のバッテリーなので。
充電器も同じ。
資産共用できるのは助かります。(^^)/

電動ドライバーも、充電式掃除機も、
使用頻度は高くないので、
バッテリー兼用でちょうどいいんですよ。

すぐ使えるというのは快感ですね!
いつも手元に置きたくなります。(^^)

マキタの充電式クリーナの公式サイトです。
マキタ 充電式クリーナ

16 02, 2017

ZIGZAG

2017-02-17T10:34:55+00:00 2月 16th, 2017|ここち日記|

打ち合わせのあと、
パナソニックショールームに立ち寄りました。
建具のカタログをいただきたかったので。

 

いつもは使わないタイプの建具が、
今計画中のお住まいにはピッタリな場所があってですね。

開けっぱなして使うこともある扉で、
理想は引戸なんですけど、
建具の横に扉がおさまるほどの壁がないのです。

そんな条件をクリアできる建具が、
たしかパナソニックさんにはあったなーと頭に浮かんでたので、
事務所に戻りがてら、ショールームに立ち寄ってみたんです。

 

商品ありました。
資料もいただけました。

意図したとおりの機能があって、
可動部の強度にも問題ないことがわりました。

実際に使った方の感想も聞け、
設置されている公共の場所も教えてもらったので、
建主さんにも体験してもらえます。
よかった。

 

さぁ、あとは事務所に戻るだけ。
スカッと抜けた青い空を見上げたら、
ウィンドウ全開で走ってみたくなりました。

15 02, 2017

Black&Black

2017-02-17T09:47:46+00:00 2月 15th, 2017|ここち日記|

夕食後に家族でお茶の時間。

ここ数日コーヒーを控えていたので、
もしかしたら苦く感じるかもね。と思って、
おそるおそる口を付けたけど、
ちゃんとおいしく頂けました。

のどの調子も味覚も、完璧です!
いつもの日々が戻ってきました。
いろいろ感謝。

 

この瞬間も、世の中のいろんな場所で、
いろんな気持ちが動いているのでしょう。
いつか形になって現れるかもしれないし、
消えてしまうかもしれない。

消えたかのように見えても、
前に進んでたら現れたりもする。

まぁ、いつかどうにかなる。

 

この年齢になったから、
わかることが増えた。
はじめて聞くことは減った。

住宅設計をやるには、ちょうどいい頃合いなのかもしれませぬ。