リノベーションの途中です

///リノベーションの途中です

リノベーションの途中です

和室と広縁を一体化して、寝室に変更している途中のようす。

天井はシナ合板を市松に張ってます。
正方形のマス目が並ぶシンプルな仕上がりですが、
こういう仕上げは、もともとの建物のアラが目立つので
けっこう難しいのです。

構造の安定を保ちつつ、
なりゆきで仕上げるとゆがんでしまうところを
丁寧な仕事で、違和感が出ないよう調整してくれました。
やっぱり頼りになるのは大工さんです。

いつもありがとうございます。(^^)

2017-03-08T13:15:17+00:00 2017年3月8日|ここち日記|

About the Author:

住まいの仕立て人 こと 北九州の一級建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員 建築・空間・住環境研究会RASE NPO法人cocolon│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身│手ざわりのいい暮らし、つくりたいのです。

Leave A Comment