陶芸アトリエプラン中

///陶芸アトリエプラン中

あっ!もうそんなに経つのかぁ。
写真の撮影日をみて、軽くビックリ。(^^;

 

エライなぁ写真は。

 

その時の記憶、
周辺のモロモロまで含めて
瞬時に引き出してくれますもん。

 

特に施工写真だと、
その形に至った経緯や、
建て主さんとのやり取りまで、
ひとカタマリに蘇ります。

 

たとえば、この写真、12年前のものですが、
陶芸アトリエ&ギャラリーのシンクまわり。

写真を見て思うのは、、、

昔の炊事場(キッチン)のようなモルタルシンク。
シンク下は粘土置場なのでオープンに。
排水設備には粘土がつまりにくい特殊な排水トラップを設けて、、、

というように、どんどん思考が展開されるんですよね。
過去感はないです。

 

この施工例も可能性のひとつとして、
選択肢にはいれますが、固執することはありません。
建て主さんが違えば、生まれてくるものも違って当然。
きっと思いもよらない何かが生まれてくるはずです。

2018-08-31T19:54:53+00:008月 31st, 2018|ここち日記|

About the Author:

住まいの仕立て人 こと 北九州の一級建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員 建築・空間・住環境研究会RASE NPO法人cocolon│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身│手ざわりのいい暮らし、つくりたいのです。

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください