地盤の改良

丸く見えるのは、頑丈な土の柱の先端です。
3.5メートルから4メートル近い深さがあります。

この上に基礎の盤を載せ、建物を建てます。

 

地耐力調査、文化財の試掘調査、という過程を経て
この工程までやってきました。

後から補強することが難しい場所ですからね。
丈夫に、安全に。
いろんな人の願いがこもってます。

 

dsc03891

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●既存住宅状況調査技術者 ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次