地盤改良工事

地盤改良工事が始まりました。

 

強い地盤面がどのくらいの深さにあるのかによって選択する工法が違ってくるのですが、

 

今回採用したのは「湿式柱状改良」といいまして、
強固な土の柱をつくり、建物の基礎を支える工法です。

 

土の柱の直径は50センチほど。
杭の仕上り高さが違うのは
基礎を深堀りする部分や平面部など
基礎形状に合わせ調整しているから。

単に地面を強くするのではなくて、
建物の一部として機能するように丁寧に設定してゆきます。

 

投稿者: koba

住まいの仕立て人こと 北九州の建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください