基礎工事完了から床下断熱材

基礎工事も終盤戦です。

ベースコンクリートが固まり、立上り打ち込み用の型枠が組まれました。
地震の揺れを吸収する制震ユニット装置用のアンカーボルトも規格どおり配置されていることを確認しました。

 

土台には白アリに強いヒノキ材を使います。
念のため土台には防蟻処理を施しています。オレンジ色の塗布材がそれです。

基礎の立ち上がりの強度が出たところで、土台をアンカーボルトで絞め込んでいきます。
土台と基礎の間には、厚さ2センチの通気パッキンをはさみ床下が湿気ないようにしています。これも白アリが好む環境をつくらないための工夫の一つです。

床下の断熱材は、厚さが85ミリもあります。
床下を通気させますので、この断熱材は重要です。
単なる断熱材ではなく気密性を高めるためのシートと一体になった特殊な断熱材。
すき間なくビッシリと敷き込んでいます。

投稿者: koba

住まいの仕立て人こと 北九州の建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください