断熱材ぴっしり

断熱性能は施工精度で決まるといっても過言ではありません。

ちっちゃなスキマまで、しっかり充填。

この建物は、強い外壁下地材で包み込んでいます。
そのおかげで外部側に筋交いなどの補強材不要で、
断熱材の施工精度も高くなっています。

 

 

吹抜けの天井面にも断熱材がしっかり。
床、壁、天井、場所によって外部から受ける熱の影響は違いますので、
断熱材の仕様も場所にあわせて断熱材の種類や厚さを変えています。

屋根面からの影響が最も大きいので、
天井断熱材は、最も高性能な設定になってます。とっても厚いです!

 

投稿者: koba

住まいの仕立て人こと 北九州の建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください