手すりの手ざわり

木製手すり、好評なので紹介させてください。

先日お引き渡ししたオーナーさまが、「この手すり良かったです!みんないいねって言ってくれます!!」
と、喜んでくださってこちらまで嬉しくなりました。

設置した手すりは、一般的な木製丸棒手すりではなく、厚めの板材という感じ。フラットでシンプルなデザインで手ざわりの良さが好評です。

手すりの寸法は、高さ9センチ、幅2センチと手を添えやすいサイズ。木の感触を楽しみながら手すり上部に手を滑らせます。

壁には金属部品で固定しています。手すり下部で手を添えるように支える形式なので、金属に手が触れることはありません。

ほんの少しですが、階段の有効幅を広くとれるのもメリットです。一般的な丸棒手すりは直径32ミリ。それより12ミリ薄く仕上がります。

木製手すりの樹種はゴム材で、ゴムの原材料になる樹液を採取した後の材を有効活用しています。

硬く強く、コストパフォーマンスにも優れているので、手すり以外にも、階段本体やカウンター材によく利用します。

子どもたちに、本物の木の手ざわりを楽しみながら育ってもらいたいです。いつか自分の住まいを考える時に、この木の感触を思い出してもらえたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次