実例を見学しましょう

住まいのイメージづくりには、
実例の見学が役立ちます。

展示場の見学ではありません。
本当に住むために設計された家を見学するのです。
そうじゃないと、建て主さんの想いを感じることはできませんから。

完成した住まいでは、建て主さんのこだわりを、
施工中の現場では、つくる人たちの情熱を感じ取りましょう。

それが、これから生まれてくる、
あなたの住まいの栄養になります。

完成した住まいの見学

自分の参考になる建物を見学しましょう。

たとえば、洗面化粧台を造りつけにしようか迷っているなら。
実際のお住まいを訪問して、使いごこちや気になるところをを聞く。

もし、リビングの広さがイメージできないのなら、近い実例を見る。

すでに生活されている住まいの見学では、
自分が悩んでいる部分をどう解決したのか。
住み心地はどうか。

先輩建て主さんたちに感想を聞くことができます。

施工現場を見学してみる

施工現場で見るのは、木の材質や金物、断熱材など
”完成すると見えないもの”です。

現場で働く人たちの姿もその一つ。
ぜひ仕事ぶりを見学しましょう。

いつか自分のために働いてくれる人かもしれない。
そう思うと、現場を見学する感覚が違ってくるはずです。

「ここは、何の部屋ですか?」
「あの金具は何のためにあるんですか?」
知らなくて当たり前のことばかりです。
気になることはどんどん質問しましょう。

そこからきっと、あなたの住まいづくりに役立つ何かを
感じ取ることができるでしょう。

実例見学のタイミング

もし、自分の住まいの計画を進められる状態なら、
少し間取りや設備などを考えてから見学すると
実感がわきやすいでしょう。

そうでなくても、実例を見るというのは役立ちます。
漠然としたイメージも固められるかもしれません。

見せてくださる方のご都合があえばチャンス!
ぜひ、見学をお願いしてみましょう。

施工中の現場は気がねなく見学できます。
見学希望の日程も合わせやすいですよね。

工程の早い時期に見学しておけば、
いっしょに住まいの成長を見守ることができて楽しいですよ。