「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」展

ささやかな力が起点になって、大きな変化につながっていく。
そんなふうな「しくみ」。
ちょっと建築の構造に通じるおもしろさもあって、
何度見ても見飽きない作品たち。

いま北九州市立美術館分館(リバーウォーク北九州内)で開催中の
「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」展に行ってきました。

 

ブルーノ・ムナーリの展覧会が、こんなに身近な場所で。
たっぷり堪能させてもらいました。

 

「木をかこう」という本が好きなんです。

 

 

いわゆるお絵描きの本と違うのは、
リクツをわかりやすく解説しているところでしょうか。

木の枝が分かれるルールがあって、
地面の傾斜や風の影響で形になっていく。
ちいさいころから、ずっと観察してる子だったそうです。
木の枝のわかれかたのルールもそうですし、
水車の動きもそうですし。

 

そんな「しくみ」に興味があったんでしょうね。

 

原点は、水車小屋だったそうです。

水車小屋をずーーっと見ながら育ったことが、
ずーーっと影響しちゃうんですね。

水車って、水の流れを回転に変えて、
さらに上下運動に変えて、小麦突いたりするんですよね。
とってもピタゴラスイッチ的で面白かったんでしょう。

その後の人生の長さからすれば、
ほんの数年のことでも、
環境が与える影響って大きいなって思います。

生活環境が与える影響って、比率なんじゃないかって思うんです。

たとえば同じ3年間でも
3歳の子にしてみたら100%です。

それしか経験してない3年間。
幼いころに体験したことって、
薄まらないような気がします。

 

あ、これは、
展覧会をみて頭の中に浮かんだ
カケラを膨らませたものなので、
こんな妄想してたのは私だけかもしれません。

「役に立たない機械」って、
意味を持たせず、空想を広げやすくしたってことかも
しれないなぁって思いました。

 

 

ひさしぶりに文章を書くとたのしいですね。
思考が整理されたり、広がったり。

 

美術館で、3冊本を購入しました。
この本たちが、いろんな妄想を呼び起こしてくれそうです。
ワクワクです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次