センタンからマッタンまで

住まいづくりをホンネで語る「木曜日のコラム
住まいの専門家 koba(こば)が、
たわいもないこと書き綴ります。(*^^*)

 


『センタンからマッタンまで』


 

歯車みたいな仕事、達成感を感じられず転職。
・・・なんて、ありがちな話ですが、
実は、家づくりの現場もそうなんです。

一人で完結する仕事ではないし、
最初から最後まで関われる人なんて、ごく少数。

そんな中、相談を受けるところからメンテナンスまで
すべてに関われる位置で仕事させてもらえて、
とってもいい経験させてもらってます。

せっかくそういう立場にいるんですから、
ちょっと心がけていることがあります。

途中の工程で仕事する人に、
建て主さんの声を届けること。
「この前の現場で、苦労して仕上げてくれた
あの部分。とっても喜んでくださってたよ。」とか。

やっぱり、自分の仕事にそういう手ごたえがあると
誇りを持てたり、達成感を感じたりできるじゃないですか。
いい仕事につながると思うんですよね。

koba
福岡県北九州市在住
一級建築士
住宅ローンアドバイザー
福祉住環境コーディネーター

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次