果樹の庭/ブドウで緑化

北九州の建築士 kobaです。

ブドウのおすすめポイントは、どこでも緑化できるところです。例えば、駐車場のコンクリートの上でも枝を引き込めば緑化できます。枝といっても、柔軟で大きな葉を茂らせてくれます。その上、収穫も楽しめるのですから素敵です。

板塀に添わせたブドウの葉が大きくなりました。

ブドウは駐車場の奥に植えてあって、塀添いに枝を伸ばしています。新枝は、その太めの枝から上に向かってクシ状に出てきて、葉や実をつけます。

新枝には明るいグリーンの葉っぱが茂ります。葉の形もきれいなので、いつまででも見ていられます。

ブドウは無精者の私向きです。一度植えたら、水やりも自然まかせなので。

プランターで野菜を育てたこともありましたが、水をやりすぎたり、やらなすぎたり、うまくいかず。まだ、植物の世話に不慣れだったせいもあるんですが、いつのまにか地植えオンリーになってしまいました。

その結果、いまでは「水やりも肥料もしないで、緑と収穫を楽しむ庭」という都合のいいコンセプトの庭づくりになってきたんです。

もちろん、真夏や雨が極端に少ないときは水やりすることはありますが、気持ちがいいので、まったく負担に感じません。

本当に都合がいいもんです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次