解体工事には大工さんとの連携が効きます

北九州の建築士 kobaです。

リノベーション における 解体工事。一般的な解体とはちょっと違う部分があります。木造戸建てリノベーションをイメージしてお話ししていますのでご了承くださいませ。

リノベーションの解体工事は2度おこなう?

本格的な解体工事よりもっと前の段階で、ピンポイントの解体を行うことがあります。既存の状態を確認するための調査解体です。

調査の作業目的は2つあります。一つは不具合付近の躯体内部の調査、もう一つは間取り変更に伴う安全性の確認です。

たとえば、雨漏りの影響で木材が腐食していないか調べたり、間取り変更のための柱の撤去が可能かを確認したりするわけです。

調査の結果、新たな費用が発生しないことがわかれば安心です。

調査によって、新たな費用発生を掴むことができた場合。資金計画の安全性を高めることにつながり、逆に不安を払しょくする効果も出てきます

リノベーションの解体工事は大工さん

リノベーション工事の解体工事は、つくる大工さんに依頼します。

解体専門業者と大工さん、解体工事だけのスピードで比較すると、専門業者さんのほうが早いです。

それでも、大工さんによる解体工事はメリットが大きいです。

こんなメリットがあります。

  • 残す部分を傷めないように、つくる技術で撤去してくれる。
  • 次の工程を考えて作業するので、手戻りや無駄を減らせる。
  • 想定外の組み方、予想以上の傷み、さまざまな場面に臨機応変に対処できる。
  • 結果的に、リノベーション工事全体のスピードが上がる。

このように、大工さんによる解体工事は、質の高い工事を、早く、無駄なコストかけずできるという点で有利です。

まとめ

リノベーションの解体工事には、このように既存の状態を見極めるための作業や、良い部分を傷めない丁寧な施工が求められるんですよね。

最初にお話しした調査解体も、大工さんと相談しながら進めると効率よく対処できます。

解体工事に限らず、丁寧な仕事を積み重ねたほうが質の高い仕事ができます。結果としてスピードアップにつながることが多いと実感してます。

気持ちよくできた仕事って、住む人にもじわっと伝わると思うんです。そういうことを大切にしたいです。

戸建てリノベーションブログに書いた関連記事

トコリノ
物件探しの前に、物件購入の流れをチェック | トコリノ 北九州の建築士 kobaです。 リノベーション物件をお探しの方向けに「不動産取引の流れ」についてお話しします。先が見えないのが一番不安ですよね。先に大まかな流れを知...
トコリノ
リノベーションの流れ | トコリノ リノベーションとは、既存の建物を現代のライフスタイルに合わせて改修し、新しい機能を持たせた家に作り変えること。トコリノでは、昔ながらの素朴さとモダンさが共存する...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次