地盤改良工事が始まりました。

 

強い地盤面がどのくらいの深さにあるのかによって選択する工法が違ってくるのですが、

 

今回採用したのは「湿式柱状改良」といいまして、
強固な土の柱をつくり、建物の基礎を支える工法です。

 

土の柱の直径は50センチほど。
杭の仕上り高さが違うのは
基礎を深堀りする部分や平面部など
基礎形状に合わせ調整しているから。

単に地面を強くするのではなくて、
建物の一部として機能するように丁寧に設定してゆきます。