Monthly Archives: 4月 2008

//4月
28 04, 2008

176 『混構造(こんこうぞう)』

2013-02-20T07:20:20+00:00 4月 28th, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年4月28日 第176号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。kobaです。

ゴールデンウィークにうってつけの良い天気。
ちょっと遠出するのも気持ちがよくて
仕事先でもつい、寄り道してしまいそうです。(^^)

それでは今週も元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『混構造(こんこうぞう)』

混構造(こんこうぞう)とは、木造+鉄筋コンクリート造、木造+鉄骨造 のよ
うに、複数の構造で構成される建物の構造のことを言います。
得意なことは得意な人にまかせよう(^^)、という発想で、
間取りや用途に合わせて部分的に違った構造をとりいれるのです。
一部に求められる性能のために建物全体の構造を変えるのではなく、
必要な部分のみ構造を変えることで、より自由な設計ができますし
コストパフォーマンスも高めることができます。

堀車庫を鉄筋コンクリートでつくり、その上に2階建ての木造住宅をのっける。
なんていう建物。
分譲地などでよく見かけますがあれも混構造です。

広い間口をとりやすいよう鉄骨造で店舗や広い駐車場をつくり、その上に木造住
宅がのっかってる建物もそう。

わざわざ構造を混ぜなくても、鉄筋コンクリート造や鉄骨造で全部つくればいい
と思われる方もあるでしょうけど、安く自由に!となると住宅部分を木造で計画
するほうがお得なんです。

部分的に求める性能が、強さ、広さ、だけでない場合もあります。
たとえば遮音性能。

まさに今、そういった計画を検討しているのですが
防音効果を求められるスタジオのような空間を自宅に設ける場合だと
木造住宅としていろんな素材を駆使して性能を高めようとがんばるよりも、
鉄筋コンクリートでその部屋をつくるほうが無理がなさそうです。

適材適所、構造も用途にあわせ適したものを選ぶことで、
より自由で快適な暮らしをよりよい形で実現できます。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

先日、防音ルームの性能はどんなものかって体験させてもらったんです。
すごいですねー防音ルーム。
きっちりカタログ以上の性能を発揮してくれます。
実験に使わせてもらった部屋は35デシベル下げてくれる設計の部屋で
それ以上の性能が出てました。
肩書きどおりの数値をきっちり実現してくれると
設計者としては助かりますねー。(^^)

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい一週間をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~

21 04, 2008

175 『カーテンと内障子』

2013-02-20T07:17:33+00:00 4月 21st, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年4月21日 第175号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。kobaです。

またまた、お引渡しがおわりました。
ご家族にはもちろん、
皆さんにすごく喜んでいただけてうれしかった。
あれほどの笑顔を見せてもらえる仕事って
なかなか無いかもしれないなって思いました。

それでは今週も元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『カーテンと内障子』

カーテン、ブラインド、ロールスクリーン、シェード
カタカナを並べてみましたがそれぞれイメージがわきますか?
これらは窓まわりの装飾の選択肢としてよく使われるものたち。
シンプルなものからゴージャスなものまで色とりどりです。(^^)

日ざしや熱を調整すること
人の目をさえぎることなど
窓に求められる機能にもちゃんと対応していて
閉めると真っ暗にできる、
外からは見えないが室内からは外の様子がよく見える
といった高機能なものもあります。

和室だとどうでしょう。
本格的な和室だと内障子(うちしょうじ)が第一候補になりますが、
和紙調のブラインドでもスッキリしてキレイです。

ところで、あまり装飾するのがお好きでない方には、
和室でなくても内障子をオススメすると喜ばれることがあります。

ムク板の床に内障子。
リビングに内障子。
ソファーの後ろに内障子。

内障子が開けると壁の中にスッと消えていくなんて、
ちょっと手間はかかりますが、
すごくカッコイイ仕上がりです。

床が板張りなら、和風になりすぎることもないし
窓が主張しない分、家具やインテリアを引き立たせることができ
ちょっとオトナな建物に仕上げることができます。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

リビングに内障子、
モダンといわれた昭和の住宅にも
そういったインテリアを見ることができます。
落ち着きがあって遊び心もある。
私はそんな家たちも大好きなんですよね。

既製品なんてものがほとんど無い時代ですから
逆に作りたいものをつくれていたんじゃないかと思います。
設計者の気持ちがストレートに表現できていて
本当におもしろい。
時代を超えてもけっして輝きを失っていません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい週末をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~

14 04, 2008

174 『出窓がほしい!』

2013-02-20T07:17:33+00:00 4月 14th, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年4月14日 第174号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。kobaです。

先日、事務所の駐車場の隣に立派な桜の木があるのですが
入園式を終えたばかりのご家族なのでしょう
記念撮影をされてました。

子供たちも、お父さんお母さんも
おじいちゃんもおばあちゃんも
家族みんな晴れ晴れとして楽しそうで
はちきれそうに膨らんだ夢が伝わってきて
こちらまで気持ちが明るくなりました。

それでは今週も元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『出窓がほしい!』

「出窓って、面積に入らないと聞いたんですけど、そうなんですか?」
というご質問から

たいていの場合出窓は床面積には入りませんので
建てられる面積がギリギリの場合、空間を広げることはできなくても
出窓を設けることで空間をより広く感じさせることは可能です。

先ほどたいていの場合とお答えしたように出窓が床面積に入る場合もあります。
出窓の屋根が建物の屋根と一体になっているとか、出窓の位置が低いとか
出窓の奥行きが深すぎるとか。。。そういった特殊な形状になってくると床面積
に入ってきますのでご注意くださいね。

出窓は外観にも大きな影響を与えます。
そこの部分だけボリュームが大きくなることに注意して
あまりゴチャゴチャした感じにならないよう気をつけなくちゃいけません。

出窓は、工夫次第でいろんな楽しみ方ができます。

ベッドの枕元に出窓を設けて読みかけの本をちょっと置いたりできる
ナイトテーブルがわりに使ったりというのはオトナっぽい楽しみ方。
出窓の正面は周囲の壁と同じに仕上げて、出窓の側面だけに窓を設けるなんてつ
くり方もできます。飾っているものも落ちにくいし、目隠しもかねられる。
両サイドからの光だけなので強い日差しもやわらぎます。

明るい出窓にベンチがわりに腰掛けるなんていうのも気持ちがよさそう。
座面を持ち上げると、その下が収納になっていて。。。
・・・なんて造り方だと床面積に入っちゃいますけど便利で楽しい使い方。

出窓ごしに見る風景というのも
ちょっと違った感じで面白いですよ。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

少し前に新しい打ち合わせ用のバッグが届いて喜んでます。
とお話したのですが、実はその後もう一つ新しいバッグが届きました。

このバッグ、2月のはじめに注文したもののいつごろ入荷できるかすらあいまいな
状態だったんです。丈夫でガシガシ使えそうだからと首を長~くして待っていて
も予定がはっきりしない。
あせってもしょうがないから気長に待つか。
と気持ちを切り替えたとたん届きました。笑

追うと遠のく、
引くと寄ってくる。
こんなことありますよね。

まぁ、今回のは単なる偶然なんでしょうけど、
何ごともあせらないほうが、いい結果につながるような気がします。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい週末をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~

1 04, 2008

172 『どこまでやります?』

2013-02-20T07:17:34+00:00 4月 1st, 2008|メールマガジン|

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年4月1日 第172号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。kobaです。

新年度、4月がやってまいりました。
早く新学期にならないかなー
なんて待ち焦がれているお母さん、
もうちょっとの辛抱ですからね。笑

それでは今週も元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『どこまでやります?』

技術が進んで、いろんなことができるようになり
かえって困った状況が生まれているような気がします。

さまざまな研究が進んだおかげで、徹底した殺菌を行える機器や技術が開発され、
機械的に環境をコントロールできるようになってきました。
精密機器を生産する現場ではクリーンルームという雑菌のない設備が必要ですが、
住まいまでクリーンルームになってしまってもいいのでしょうか?

水の中に含まれる菌を徹底的に排除する。
空気中の雑菌も取り除く。
一年中温度も変化しない。
体に抵抗するものはなくしてしまう。
無菌室に住み、すべてのことが自動的に完了する。

人間の体って、必要のないものは退化するようになってると思うので
あまりにも雑菌のない空間で暮らしていると
雑菌に対する抵抗力が衰えて、かえって不健康な体になってしまうと思うんです。

話はズレルかもしれませんが、こんなことがあります。

高齢だからといって、本人ががんばれば出来ることを何から何までしてあげて
体を動かさないようにしてしまうと、どんどん衰えて、体力は落ち、本当の寝た
きりになってしまう。

逆に、がんばって本人の自立を応援することで、以前より体力や機能が回復しす
ることもあります。

住まいも人の機能をどこまで補助するべきか、
生きるのに必要な機能が退化しないよう、
命の強さを奪わない手助けでとどめなくちゃいけないと思うんですよね。

もちろん必要なときには簡単に対応出来るようにして。。。

欲を言えば、自分から住まいのために体を動かしたくなる。
住まいの中で遊びたくなる、生きる楽しさと強さを与える。
お庭に花でも植えてみようか。
塀の色でも塗り替えてみるか。
家のまわりをちょっとお散歩してみる?
そんな気持ちにさせてくれる住まいこそ
健康的で快適な住まいといえるのかもしれません。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

のび放題になってた髪を切りました。
おかげでスッキリ、サッパリ、気持ちがいいです。

いろいろお話しながらカットしてもらってたんですけど、
髪を切るのも楽しそうな仕事です。
相手の髪質や顔立ちもさまざまですし、性格や好みも違う。
そういった中で希望を聞きながらその人らしさを演出する。

住まいの設計で感じる楽しさと通ずるところがあって面白いなーと
思いました。
あっ、でも面白いと思うだけで、私には人の髪を切る勇気も、
自分の髪を切る勇気もありませんけど。笑

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい週末をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~