薪ストーブの煙突を耐熱塗装しました

薪ストーブの煙突がキラキラしてたので、マットブラックに塗装したら落ち着いた雰囲気になりました。

この塗料は180度以上の高温で硬化するそうで、塗装後に薪ストーブを炊くと塗料が焼けて煙が出ます。

日が落ちてから着火したので初回の煙発生は問題なく完了しました。

耐火温度600度の塗料。煙突がそれほどの高温になることはないので安心です。

傷つけば下地の金属が現れると思いますが、それを味としてみるか、吹き付けて補修するかは、その時考えることにします。

Before
After
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次