「ジグソー」に初挑戦しまーす。(^^;

ジグソーとは、電動ドライバーなどと同じ電動工具の一種で、
刃(ブレード)をミシンのように上下させ切断する道具です。

材質に適した、刃(ブレード)を用いることで
木材だけでなく金属や塩ビパイプなども切断することができます。

刃が細く、小回りが利くので曲線の加工など簡単にできます。

フリーハンドで線を引くように切断していくので、
使い手のウデが出やすいですね。
加工精度を高めるにはガイドを作ればいいのですけど、
そこまでするならトリマーなど別の工具を使ったほうが仕上がりがきれいですから、
あくまで粗切りするための道具と割り切ったほうがいいと思います。

今回は、ジグソーで粗切りして、
カンナとサンダーで整え、
塗装で仕上げるところまでをやります。

dsc03530

加工前の板材。厚さは24ミリです。
このテーブルは車に積んで持ち運べるようにしたいので、
薄くつくります。

テーブルの脚も金物で、
着脱できるようにします。

dsc03533

こんな感じかな?
と、何度も曲線を引き直したので、線がいっぱいです。(^^;
これは悪い見本ですね。

 

dsc03536

ジグソーで粗切りしたところ。

ジグソーは、手描きの線ほどぶれることはないので
ある程度なめらかな弧を描きます。

dsc03539

カンナとやすりで整えるとこんな感じになりました。

普通ののこぎりや丸ノコを使うより、ずっと早くできたと思います。
最後に蜜蝋ワックスで仕上げて完成です。

dsc03548