008 頭かくして、シリかくさず

 こんにちは、koba です。お元気でしたか?

 今日の”ひとこと”は、【笑顔が笑顔を呼ぶ】です。

 笑顔っていいですよね、満面の笑みを見ているだけで、つられて笑顔になりま
 す。私も、くったくない笑顔ができる人になりたい!

 作り笑顔をすると、自分の笑顔を見てるうち楽しい気分になってきます。
 「楽しいんだぁ!」と心が勘違いして楽しい気分になってくるそうです。

 自分の笑顔にだまされる、自分のこころ。
 楽しいことなら、だまされてあげましょう。(●^o^●)
 そして、まわりじゅうニコニコだらけにしちゃいましょう!
(koba)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ☆特集 家づくりのホンネとコツ                  □
 □□□□       ─ 子どもの遊び場 ─          □□
 □□□                            □□□
 □□□□      『 頭かくして、シリかくさず 』      □□
 □□□□□□                        □□□□
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 ご新築されたばかりの奥様のところへ、ご訪問したときの話。

 「子どもたちが遊びに来ると、みんなロフトに上りたがるんですよ。」
 「すっかり占拠されて、いまだに荷物を上げられないんです。」と楽しげに語
 る奥様。

 みんな手すりのスキマから顔を出し、「写真とってぇー」とせがむのだそう。
 kobaは、そんなこと聞かされるとうれしくってたまりません。子どもたちの楽
 しい笑い声が聞こえてきそうです。

 子どもたちって、せまい空間が大好きですよね。押入れや、クローゼットの中、
 階段収納。床下や屋根裏、もぐれるものならどこまでも!
 友達同士せまいところにギュウギュウづめなんて、楽しくってしょうがない。

 ちょっと試してみませんか?
 部屋の片隅を、高さ1.2メートルくらいのつい立で囲い、。子どもたちに
 遊び場として与えてあげる。”子どもの隠れ家”の出来上がり。

 ”頭かくして尻隠さず”本人は隠れたつもりで、大人の目は届く。
 それを作り出せたら大成功です。

 住まいの計画の中にそんなアイデアを取り入れてはいかがでしょう。

 新しいゲーム機が発売されて、売れ行き好調のようです。

 でも、できることなら、バーチャルではなく、現実の世界で自然なものに触れ
 ながら遊んでほしい。

 ゲームの世界に負けない楽しい住まいができたらいいな、なんて思います。

────────────────────────────────────
 ■編集後記
────────────────────────────────────

 こんにちは、kobaです。
 誌面を少しだけリニューアルしてみました。(気づいてもらえたかなぁ)

 今日は、節分ですね。
 ことしのkoba家のテーマは、にほんの季節を日本人らしく過ごすこと。
 『いとしい和の暮らし』 ─日々を彩るにほんの行事─
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/478972350X/eplan2u-22
 平野恵理子著 がバイブルです。
 この本によると、節分の次は2月8日の”針供養”。
 ・・・はたして、koba家で”針供養”は行われるのか!?
 結果、ご報告しまーす。

 それでは、また来週 (^O^)/

投稿者: koba

住まいの仕立て人こと 北九州の建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください