221 弱点を魅力に変える – 光庭

こんにちは、kobaです。
お元気でしたか?

こちらは夏みたいに暑い日が続いたかと思ったら
急に冷え込みましたよ。

夕方、上着もなしに現場をうろうろしてたら寒かったです。
その上、雨までぱらついて。。。
でも、予定の作業が思った以上に早く終わって
助かりました。(^^)

お風呂もいつもより長めに入って
気持ちよかったです。

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿
■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『弱点を魅力に変える – 光庭』
背の高い建物に囲まれた土地なら
光庭をとってみてはいかがでしょう?
光庭、ライトコートとも呼びます。
建物をドーナツ状にした中心にある庭のことです。

建物の周囲に分散する庭を
ぎゅっと建物の中心に寄せ集めます。
そこに面する形で居室を配置。

部屋から見える景色も自分の家
広がりを感じるし大きな建物の中にいるような
感覚を楽しめます

外部に対してはプライバシーを守れる
家族に対してはオープンにすごせる。
建物の外壁の面積が増える分、コストが上がりますけど、
それを補って十分な快適さがあります。

光庭に面した外壁は明るい色にして
外壁の反射もカシコク利用しましょう。

光庭にそそぐ太陽光を外壁に反射させることで
部屋の奥に光を送ることができますし、
光っている外壁を視覚的に見るだけで
明るい印象を得ることができます。
それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

■■ 編集後記

こんにちは。kobaです。

小倉牛を使ったハンバーガーがあると聞いて
門司港まで行ったらお休みでした。

仕方がないので、近くの船のレストランで
ハンバーグランチをいただくことに。

ゆーらゆら ゆれる 船の上で
ゆれながらランチ。
楽しいお食事をいただくことができた上に
ハンバーガーを食べる楽しみはキープしたまま。

なんて運がいいんでしょう。(^_^;)

それでは皆さん、ごきげんよおぉーー (^.^)/~~~

投稿者: koba

住まいの仕立て人こと 北九州の建築士 koba(こば)│一級建築士 住宅ローンアドバイザー 福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身