自宅でカンタン炭火計画!の2回目

今回は、初めての火おこしと、
鉄板のシーズニングに挑戦です。

シーズニングは、鉄板に着いている皮膜を焼き切り、
くず野菜などを焼いて鉄板の鉄臭さを取り除く作業です。

 

火が起きるのはとっても早いですね。
今回は、煙突効果とか空気の流れを意識せず、
ザックリ入るだけ詰め込んで着火してみましたが、
煉瓦のグリルの何倍も早いです。

本体の小ささがメリットとして生きてます。

ガシガシ使っても大丈夫かな?という気持ちがあったので、
何度かにわたって炭を追加し温度を上げましたが、ゆがみもなく。
周囲への熱も問題ないので、軒下で安全に使える感触です。

まずは、安全性が確認できて安心しました。

 

それと、、、ロストル。
炭を並べる床の部分ですが、このB-GOには2種類のロストルがついてました。
ステンレス製の薄くて軽いロストルと、
重くてがっしりしたハードロストルの2種類。

ハードロストルは、別梱包されていたので、
最もシンプルな構成には含まれていないのかもしれません。

使用しているのはハードロストルです。ずっしり頑丈!
今後もハードロストルしか使わないと思います。