ドライフラワーの終わりって?

ドライフラワー

こんにちは kobaです。

ドライフラワーって、どうなったら終わりなんでしょう?

お花屋さんに伺うと、「私は生花が好きだから色が抜けたら終わりな感じがする。枯れた色が好きな人もいますよね。」と、薄いブラウンになったバラのドライフラワーを見せてくれました。

私は素敵な色だって思うタイプみたいです。

わが家には10年以上たつドライフラワーもあって、それは大切にとっておきたいんですけど。

問題は、自分がつくったドライフラワーです。

1年前に庭で採れたものでドライフラワーができるか実験してみたんですが、その時に製作したドライフラワーがいくつかあるんですよね。これの交換時期というか基準がわからず、もやっとしてたんです。せっかくつくったのにもったいないという気持ちと、また実験してみたい気持ちもあるし。。。(^-^;

使い古した下着の捨てどきと同じくらい悩みますね。結局自分の気持ち次第なんでしょうけど。

ちなみに、写真はドライ中の「カツラの木」の枝です。乾燥すると、とっても甘ーい香りを放出するのが特徴です。グリーンの枝は2か月前に切ったもので、スモーキーなライトブラウンの方は1年経過してます。

やっぱり、、、どっちも好きかな。

こんど、うまくドライフラワーをつくれた時に、もう一度考えてみようと思います。(^-^;

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次