214 原っぱと遊園地

こんにちは、kobaです。
お元気でしたか?

信じられないことに・・・

2月が終わってしまいます。(笑)

あなたにはどんな月でしたか?

私には、とってもあったかい月でした。
あちこちで、おめでたいご報告がたくさん聞けたんです。
すごくうれしかった。

子育ての環境が整うせいでしょうかねー
少子化問題が叫ばれる中、
うれしい限りです。

話す人の笑顔って、相手にうつりますよね。
おかげで私もたくさん笑顔にさせていただきました。

それでは今週も、はじまりまーす。(^o^)丿

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『原っぱと遊園地』

住まいを設計する人間としては、
しばしば徹底的につくりこんだ設計をしたくなる誘惑にかられてしまいます。
でも、あまり細かくつくりこみすぎるとかえって使いにくい建物になってしまう
ことがあるので気をつけています。

ある本を読んでいると、建築には「原っぱ」的なものと
「遊園地」的なものがある。という表現がありました。

これ、すごくうまいこと言ってるなーと
感心したんです。

原っぱは、何にもないので、子供たちが自分たちで遊び方を考えて遊ぶ。
自由な遊べる空間。

原っぱの対極にあるのが、遊園地です。

専門家がどう遊ばせるかを徹底的に考えて遊ばせる。
管理された遊べる空間。

原っぱは、自由な空間

遊園地は、演出の空間

遊び方を管理される方が楽なのだけど、
自由にじゃれあうことにもあこがれる。

もちろん、設計で暮らし方のルールを決めてしまうことがいい場合もあります。
要望を聞けば聞くほど、親切に先回りをした設計になります。
それが住む人を拘束することにもなりかねない。

自由ならいいかというとそうでもない、
住む人がその自由を使いこなせるかどうか。

設計する人と住む人が
お互いをよく理解しあって
価値観を共有して設計することが
大事なんですよね。

・・・ぐるっとまわって
ありきたりのシメになっちゃいましたね。(笑)

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!!\(^o^)/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ 好評分譲中
◆◆◆ 曽根小学校区の土地

北九州市小倉南区上曽根に自社開発した
7区画の分譲地、大好評です。

皆さま、お問い合わせ、ご予約、成約
ありがとうございます!

ご興味のある方は、お早めにお問い合わせください。

●お問い合わせ方法
●「土地資料希望」と明記して、koba@eplan2u.com まで。
●詳しい資料をお送りいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■■ 編集後記

最後までお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

毎朝、山を見ます。

今日はクッキリ!とか
ゼンゼン見えないやーとか。

動かないはずの山なのに
毎日違った表情を楽しませてくれます。

今朝の山は、一段と美しかったです。
頂上はクッキリだけど中腹から下はかすんで見えない。
そのバランスが絶妙でした。

動かない山に感謝です。

それでは皆さん、ごきげんよぉーーー (^.^)/~~~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

目次