ひと晩寝かせたら、ちょうどいい塩加減になりました。
スキレットでローストポークをつくることが早々に決まったので、
めずらしく前日に材料が揃ってました。

ポークのカタマリ肉のスジを切り、味が染みやすくなるよう
ナイフを突き刺し、マジックソルトとわが家で人気のお塩をブレンドした
特別なお塩をまぶし、庭から採ってきたローズマリーをたっぷり
オリーブオイルでヒタヒタにしてジップロック。

冷蔵庫でひと晩寝かせました。

調理スタートの2時間前から常温に戻し始め。

スキレットで加熱した後は、
アルミホイルで包んで余熱で火を通しました。
時間にして30分ほど。

こんなに計画的に進行したのははじめて、
ほんの少し上級者になった気分です。

スキレットでつくったローストポーク、
しっとりプルプルに仕上がりました。
火からおろして30分放置したくらいでは、ぜんぜん冷めないんですね。
まったくできたての状態でした。
加熱じゃない、引き算の調理法が使えるオトナになりました。

次は、もう少し香ばしさを出せたらいいなって思ってます。

表面を先にジュジュジュッっと焼くといいんですよね。
うまみも閉じ込められるし。
次の挑戦が、たのしみだーーー。

 

今回の記録写真

ポーク+マジックソルト+わが家のおいしいお塩+ローズマリー+オリーブオイル

一晩寝かせた翌日の14時ごろの写真

焼き始め直前の写真。

この時点で、お肉も野菜もロストル(網)に乗り浮いてます。
次回は、お肉だけ先に表面を軽く焼いてからこの状態にしようと思います。