おうち炭火で大活躍の「B-GO」くん。
B5用紙サイズのコンパクトボディに、たのしさ満載。
トップもカンタンに交換できるので、
鉄板やら直火やら、使いたいものに柔軟に対応できます。

 

基本は、鉄板スタイル。
厚い鉄板は、部分的にスリットになってます。
調理する素材によって、フラット側で焼いてみたり、
スリット側で焼き目をつけたりできます。

どちらかというとスリット側が好みです。

 

網焼きスタイル

写真はダイソーのスタンド付き焼き網です。このときはスタンドを立てずに使ってます。
鉄板と違って温度が均一にならないので、
焼けたものを端によけて保温したり遠火にしたりして、
焼き加減を調整できるので便利です。

続いて、五徳スタイル。
B-GOに標準装備の2枚のステンレスプレートを利用します。

 

ステンレスプレートには切込みがあり、クロスに組んだり平行に配置することができます。
クロスは頑丈そう。安心してお鍋が載せられます。
平行だと焼き鳥や串焼きにちょうどいい間隔。ワクワクします。(^^)

 

まだ五徳バージョンでは使ったことがないのですが、
こんどスキレットデビューする時にやってみます。

イメージトレーニングで、
8インチ(20.5cm)のスキレットのせてみました。
五徳だと、真上から炭を追加したり位置を調整したりできますね。

 

ではまた!