気分転換に炭火焼きを考える stayhome

自宅での過ごし方を見直すのに丁度いい時間ができたので、
もっと気軽に炭火焼きを楽しむ方法を考え中です。

現状はですね、
庭に自作したカマドで年に数回バーベキューしています。

安いお肉でもすっごく美味しくなるから、みんな大喜び。

コーヒーのおともにマシュマロあぶってみたり。
ゆらめく炎をながめながら、ぼーっとする時間も心地よくて。

このカマドをつくったのは5年前。
庭にもキッチンがあったら面白いんじゃないかと思い、
1ヶ月ほどかけて試行錯誤しながらつくりました。

もうちょっと機動力があるといいなと思ってるんですよね。

ちょこっと炭火を起こして、
さっと食べて、
後始末もすぐできる。

たまに家族からも、そんなリクエストがありますし、
5年間の経験をふまえ考えてみても良いのかなぁと思い始めました。

機動力を上げるには、
火おこしの範囲をぐっと絞り込んで、
熱を集中させるといいんですよね。
調理するエリアもなるべくコンパクトにして。
炭も節約できるし。

なにかうまい方法はないものかと、
いろいろ調べていたら・・・ありました!

これってよく考えたら、ソロキャンプだ!

一人でするキャンプの名のとおり、
ふらっと山などに出かけて、
コンパクトに火を起こし、
必要な分だけ調理して食べる。
炎をながめながらコーヒーを楽しむ。

いま庭でしたいことが全部つまってる。
結局のところ庭でソロキャンプができるようにすればいいんだ。
しかも自宅なら、収納や重量の制約もないし、
ソロキャンプより手軽にできる。

急にやる気がわいてきた!
楽しそう!
やってみよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次