009 やぶれない障子紙

こんにちは、koba です。お元気でしたか?

 今日の”ひとこと”は、【コケたら起きるだけ】です。
 kobaも、いろんなことに、つまづきますが、すぐ起きます。
 あまりに早すぎて、コケたのを忘れる、お得な性格です。
 そんなkobaでも、ひどいコケ方をしたときには、特効薬が
 必要なときもあります。

 その効果てきめんの特効薬とは・・・
 1年後の自分を想像すること。1年で足りなきゃ3年。
 きっとそこには、壁を乗り越えた自分がいます。
 目の前の一つひとつの問題を解決すれば必ず立ち上がれる。
 自分を信じることが一番大切かもしれません。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ☆特集 家づくりのホンネとコツ                  □
 □□□□       ─ 建具について考える ─        □□
 □□□                            □□□
 □□□□      『 やぶれない障子紙 』          □□
 □□□□□□                        □□□□
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 最近、名古屋方面、人も会社もすごく元気。
 元気が伝わって、日本中に活気が出てくるといいですねっ!

 そんな名古屋に、ワーロンという会社があります。
 生産もフル回転で、業績もゼッコウチョー!のこの会社、
 作っているのは障子紙です。

 やぶれにくい障子紙といえば、”ワーロン”。

 「やぶれにくい障子紙にしてねっ」ってやさしく言われると
 (・・・やさしくいわれなくても、そうだけど。(*^。^*))
 考えるまもなく、ワーロンのカタログを引っ張り出すくらいの定番商品。

 商品価格は、強さを武器に「高いなぁっ」て思ってましたんですが、
 先日、製造の様子をテレビで見てビックリ!
 思った以上に手作業の工程が多いんですねぇ。

 「そっかぁ、ずいぶん手間かかるんだぁ、ワ−ロンのひと疑ってごめんっ!
  知らなかったんだよぉー。」ってあやまってしまうくらい、
 特殊技術と技が盛り込まれているようでした。

 ドア、引き戸、折戸、ふすま、いろんなタイプの建具があります。
 なかでも、障子って、軽くて、自然でイイ。
 特に”木”と”紙”の組み合わせがイイ。

 簡単にはずせるし、紙は光も通します。
 空間をやさしく間仕切る、やさしい建具。
 部屋に合わせて作るので、障子の桟(さん)もある程度デザインすることがで
 きます。

 ほかの建具に比べると価格もそれほど高くない。予算にもやさしい建具です。

 ・・・だから、「ここ、障子にしてねっ。」ってやさしく言ってね。=^_^=

────────────────────────────────────
 ■編集後記
────────────────────────────────────

 こんにちは、kobaです。

 前回予告した”針供養”ですが、調べたら九州では12月8日に行うことが
 わかってガッカリ。それならしょうがない、ということで”桃の節句”
 に向けてひな人形を飾りつけました。(コケたら素早く起きる!(^_^)v)
 ところが、”桃の節句”でもヤッパリ難題が・・・。
 ”小鯛の雀”って、いったい何のこと?
 1年後の自分に聞きにいってこよーっと!

 それでは、また来週 (^O^)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次