134『安全な階段(1)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 2007/07/05 発行 ◆━
 楽しく読めて役に立つ
 週刊サラッとマガジン
    ●○○●○ 住まいの仕立て屋さん vol.134 ○●○○●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■本日のメニュー

  ▼特集コーナー ・・・・・家づくりのホンネとコツ

  ▼ホームページのご案内

  ▼建物見学のススメ

  ▼編集後記

  ▼著者プロフィール

 ○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.
 ●はじめての方へ

  ようこそいらっしゃいました!

  この「住まいの仕立て屋さん」は、住まいの専門家
  koba が、サラッと読めて役に立つ?!・・・かもし
  れない情報に元気が出る”ひとこと”をそえてお届
  けしています。末永ーいお付き合い、よろしくお願
  い申し上げます。=^_^=

  ↓↓↓バックナンバーもご覧ください。
  http://www.eplan2u.com/modules/mailcenter/
 .。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○
  7月がやってきました。
  こちらはようやく梅雨のような天気です。水不足の地域がこの雨でうるおっ
  てくれたらいいですね。

  雨のおかげで空気が澄んでいます。
  少し前までは夏のように蒸し暑い日が続いていたのがウソのよう、
  梅雨ってこんなにさわやかで快適したかね?

  それでは家づくりメールマガジンの
  はじまり、はじまり~~~です。(^o^)/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ☆特集 建築士のホンネ
 □□□□       ─ 家づくりのコツ ─
 □□□
 □□□□        『安全な階段(1)』
 □□□□□□
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  夏も近づく・・・ということで、カイダン話です。(汗)

  住宅の中でも階段はヒヤッとすることが起こりやすいところです。
  踏み外して転んでも大変だし、小さいお子さんは目が離せませんから、
  安全のためにはいろんな対策が必要になってきます。
  子供が階段を上がらないよう(降りないよう)にするための
  安全グッズなどを上手に利用して事故を未然に防ぎましょう。

  ところで今回は、”階段の踊り場”についてのお話です。

  踊り場とは、階段の途中にある人がゆっくり立てる広い踏み板のことです。

  踊り場があると、階段を昇っていく途中でもちょっと休憩ができますし、
  足場がしっかりしているので、人とすれ違いやすいのです。

  踊り場は万が一転落した場合にも効果があって、
  階段の一番上でつまづいて転んだとしても踊り場があれば、
  そこで体を止めてくれる可能性が高くなります。
  2階から1階まで一気に落ちるか、その半分の高さで体が止まるのかでは
  ケガの程度に大きな差が出るのは簡単に想像できますよね。

  階段に踊り場を設けるということは、階段のそれだけのスペースが必要に
  なるということですが、小さなお子さんや高齢の方に対する安全への配慮
  のためにもぜひ検討してみたいものです。
   今日のpoint

  ●ホームセンターでも簡単に手に入るようになった
   階段の転落事故防止のための安全グッズなどを
   利用して小さいお子さんの転落事故を防ぐ。

  ●階段に踊り場を設けると、万が一転落事故が
   起こったとしても軽減できる可能性が高くなる。

  ●階段に踊り場を設けるためにはスペースの
   ゆとりが必要。早めに計画に盛り込んでおく。
  それでは皆さん、知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

────────────────────────────────────
 ■建物見学のススメ
────────────────────────────────────

 ●建設中の建物をご見学いただけます。

 ●完成してお住まいのお家をご案内させていただくことも可能です。
  ご見学いただいた方からは、
  「本当にお住まいのお家だからとっても参考になりました!」
  「住んでいる方のお話を聞けたので安心しました!」と好評です。
  (実際に生活をなさっているお住まいをご厚意により訪問させていただいて
  います。早めにご連絡ください。)

  ▽お申込み方法
  koba@eplan2u.com まで、
  お名前  :
  ご連絡先(電話番号):
  見学希望人数 :
  見学希望日時 :(←何日か候補日をいただけると助かります。)
  を明記の上、件名を「建物見学希望」として送信してください。
────────────────────────────────────
 ■編集後記
────────────────────────────────────

  今週は階段のお話でした。
  最近、平屋建て(1階建て)の計画が続いていまして
  もちろんそういうお家には階段そのものがないんですよね。
  階段スペースがなくてすむ分お部屋にゆとりができる一方
  お部屋への通風や採光についての配慮が必要になります。
  何事も一長一短があるものです。

  デジカメが新しくなりました。
  何か撮りたいなーと思ってウズウズしてます。
  旅行にも行きたいですねー、日帰りでもいいから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次