173 『書斎をつくる』

■○■ 楽しく読めて役に立つ
○■○ 週刊サラッとマガジン
■○■「住まいの仕立て屋さん」

………………………………
2008年4月7日 第173号
………………………………

■ はじめての方へ ■

ようこそいらっしゃいました!
このメールマガジンは住まいの専門家koba が、
サラッと読めて役に立つ?!情報と
元気が出る”ひとこと”をお届けしています。

■■ ごあいさつ ■■

お元気でしたか。kobaです。

桜、満開でーす。
先日、春の陽気に誘われて
みんなでお花見に行ってきました。
みんなというのは、私たちの事務所のメンバーと
大工さんや職人さんたち、それにメーカーさんも来てくれました。

小倉城の夜桜見物というとシャレてますが、
夜の焼肉、焼きうどん大会 というほうが
その場の雰囲気がよく伝わります。笑

それでは今週も元気にいってみましょー。(^o^)/

■■ 家づくりのホンネとコツ
■■ 『書斎をつくる』

書斎といえば、男の夢。男の隠れ家。
なんて、ロマンあふれますが、
ともすれば、あふれる荷物の収納場所として
真っ先に狙われそうなのがこの書斎です。(^_^;)

でも、本当に欲しいのなら、小さくてもいいから
ぜひつくってほしいと思うんですよね。書斎。

書斎にあれこれ置こうと考えるとそれなりの広さが必要になりますが、
本を読んだり、ゆっくり思いをめぐらせるだけなら
たった1帖の書斎があれば足りるかもしれません。

壁によっかかって足をのばして本を読む。
ゴロンと寝っころがって雑誌をめくる。
天井を見つめながら空想にふける。瞑想する。

床は畳敷きがいいですね。
小さな空間だから、出入口も小さくていい
天井も低めにして落ち着きを楽しみたい。

だだっ広くて何でも置ける書斎よりも
小さな書斎のほうが、秘密基地みたいで楽しいし
かえって心の世界を広げてくれるかもしれませんよね。

それでは皆さん! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

■■ 編集後記

今回は書いてるだけでワクワクするテーマでした。

1帖半、2帖、限られた空間をどう生かすか、
ここに家づくりの楽しみが凝縮されているような気がします。
ロフトや屋根裏部屋というのも楽しいですよね。
どうして狭い空間って心を刺激するのでしょう
ほんとうに不思議なものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回も元気にお会いしましょう!
それでは、楽しい週末をお過ごしください~~~ (^.^)/~~~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

目次