ミズバとカマド

「家」と「庭」の豊かな時間 を構築中のkobaです。(^^)

先日自作した水栓柱、快調に使えてます。
丁寧にやっていけば自分にも出来る!というささやかな自信を得て、
次のステップに進むことにしました。

最終目標は、使える庭。
ダイニングキッチンの機能を持たせて、
使える空間をプラスします。

キッチンには「火」が必要。
調理したり、暖をとったり、見ても楽しめる。
室内ではできないプラスワンの機能が、
おだやかな時間をつくってくれます。

火は、くつろぎの中心を決めるアイテム、
とにかく場所が大事!
板塀や樹木に影響がなく、
見て、使って、楽しいところ。

水場と、かまどをイメージしやすいように物を置いて、
デッキから見たり、室内から見たり、
朝、夜、時間帯を変えて、照明の当たり具合も確認して、
あっちウロウロ、こっちウロウロ。
この妄想する時間が楽しいのデス。

火を扱う道具についても妄想ざんまい。

条件は3つ。

  • 気が向いたらすぐ使えること。
  • メンテナンスがおっくうにならないこと。
  • 目でも楽しめること。

ちなみに、検討した候補は
レンガ積み、薪ストーブ、たき火台、
石窯、ロケットストーブ、かまど、いろり、などなど。

いろいろ考えたすえ、
レンガとコンクリートブロックの構造にすることにしました。
DIY動画も豊富で、自分にも出来そうな気がしてきました。
(特に海外の動画が参考になりました。こんなのとか。)
定番には選ばれるだけの理由があるのだ。(^^

効率よく燃焼できて
ちっちゃくシンプルなの
つくってみたいです。

DSC04680

いろいろ置いてみて考えているところ。
この位置で決定。

DSC04685

砕石を敷いて転圧。一歩前進。(^^)

さあ、はたして、
クリスマスに間に合うのでしょーか!(^^;

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次