136『地震・台風・屋根』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 2007/07/19 発行 ◆━
 楽しく読めて役に立つ
 週刊サラッとマガジン
    ●○○●○ 住まいの仕立て屋さん vol.136 ○●○○●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■本日のメニュー

  ▼特集コーナー ・・・・・家づくりのホンネとコツ

  ▼ホームページのご案内

  ▼建物見学のススメ

  ▼編集後記

  ▼著者プロフィール

 ○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.
 ●はじめての方へ

  ようこそいらっしゃいました!

  この「住まいの仕立て屋さん」は、住まいの専門家
  koba が、サラッと読めて役に立つ?!・・・かもし
  れない情報に元気が出る”ひとこと”をそえてお届
  けしています。末永ーいお付き合い、よろしくお願
  い申し上げます。=^_^=

  ↓↓↓バックナンバーもご覧ください。
  http://www.eplan2u.com/modules/mailcenter/
 .。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○
  1週間ぶりのkobaでございます~~~

  季節外れの大型台風が過ぎたと思ったら
  またまた地震がおこりました。
  あなたのところは大丈夫でしたか?

  想定を超える地震だったので・・・
  なんて言葉も聞きなれてしまうほど
  地球が変化しているということなのでしょうか。

  いろんなことが、いろんなふうに心配になります。
  今回はそんな気持ちを書いてみようと思います。

  それでは家づくりメールマガジンの
  はじまり、はじまり~~~です。(^o^)/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ☆特集 建築士のホンネ
 □□□□       ─ 家づくりのコツ ─
 □□□
 □□□□       『地震・台風・屋根』
 □□□□□□
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  地震がおこるたびに、地震の被害を受けやすいお家の特徴として
  古い建物であること、重い瓦屋根であること
  という2つの特徴がとり上げられます。
  今回はこのことについて考えてみたいと思います。

  そもそも重い瓦屋根は、もう一つの大きな自然災害、台風への対策として
  発展してきました。
  軽い紙が飛ばされないよう石を置くように
  軽い木造住宅が台風に抵抗するには屋根をズッシリ重くして
  台風に飛ばされにくくしたほうがいい。ということなんですね。

  台風対策には重い屋根。

  地震対策には軽い屋根

  この矛盾を克服するため、
  建物の施工法が改良されてきました。

  軽い屋根は、台風への弱点を克服するため
  屋根材を建物本体にしっかり固定したり、
  強い風の引き上げる力に抵抗する金物を用いるようになりました。

  重い屋根は、地震のゆれに対する弱点を克服するため
  建物を金物で補強したり、変形に抵抗する部材を足すことで
  建物自体の強度を高めるようになりました。

  それぞれの弱点を克服した成果でしょうか、
  新しい基準で建てられた建物の被害は減少しているようです。
  だからといって、全ての建物を新しくつくりかえてしまえばいいのでしょう
  か?

  私は建築に携わる人間の立場としては
  それではいけないのではないかと思っています。
  別に文化財に指定されるほどの豪邸でなくとも
  古くて味のある建物はたくさんあります。
  へたに新築するより元の建物を生かしてあげたほうがよほどいいのでは?
  と思うような、かわいい建物もあります。

  そういった後世に残したい建物はみんなの財産だと思うんですね。
  新築にはかなわないかもしれませんが、改修や改装することによって
  自然災害に強くなり長生きできるよう手助けをすることも
  建築に携わるものの大切な役目ではないかと感じる
  今日このごろです。
   今日のpoint

  ●軽い屋根材は地震に強い。
   重い屋根材は台風に強い。
   それぞれの特徴を生かしつつ弱点を補うことで
   地震にも台風にも強い建物をつくることはできる。

  ●古い建物でも改修工事などにより補強することで
   自然災害に抵抗する力をつけてあげることができる。
   改修工事を応援するため助成金や補助金を出してくれる
   自治体もある。
  それでは! 知恵と工夫で楽しいご計画を!!! \(^o^)/

────────────────────────────────────
 ■建物見学のススメ
────────────────────────────────────

 ●建設中の建物をご見学いただけます。

 ●完成してお住まいのお家をご案内させていただくことも可能です。
  ご見学いただいた方からは、
  「本当にお住まいのお家だからとっても参考になりました!」
  「住んでいる方のお話を聞けたので安心しました!」と好評です。
  (実際に生活をなさっているお住まいをご厚意により訪問させていただいて
  います。早めにご連絡ください。)

  ▽お申込み方法
  koba@eplan2u.com まで、
  お名前  :
  ご連絡先(電話番号):
  見学希望人数 :
  見学希望日時 :(←何日か候補日をいただけると助かります。)
  を明記の上、件名を「建物見学希望」として送信してください。

────────────────────────────────────
 ■編集後記
────────────────────────────────────

  またまた地震がおこってしまいました。
  被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。
  しばらくは余震も続きますし
  新しい生活を立て直すには
  計り知れないほどのエネルギーを要するでしょう。
  私も何らかの形で応援させていただきたいと
  思っています。

  あなたに楽しい1週間が訪れますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kobaのアバター koba 一級建築士

北九州の建築士 koba(こば)●一級建築士 ●住宅ローンアドバイザー ●福祉住環境コーディネーター│株式会社ハウステップ役員│福岡県北九州市在住 長崎県佐世保市出身

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次